logo

第1回 見える化を真面目に考えるセミナー

2016年5月24日 (火)~
[ セミナー ] 株式会社日立システムズ

開催場所:東京

開催日:  2016年5月24日

長引く不況の中で、消費マインドは依然として低いレベルに留まっています。そのような状況下では、サプライヤーは市場ニーズを的確に把握し、それを満たす商品供給体制を構築することが極めて重要であり、そのためにはさまざまな情報を有機的に結合させ、科学的な判断を下すことが必要不可欠です。

本セミナーでは、「見える化」をキーワードに、日立グループが提供するITソリューションによる経営情報の可視化とその手法を紹介します。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

お申し込みはこちらから リンク

見える化のイロハと、経営意思決定におけるシステムの活用

「見える化」をキーワードに、日立グループが提供するITソリューションによる経営意思決定におけるシステムの活用を紹介します。

対象者
「見える化」に関心のある製造業、卸売業のお客さま


開催概要

日程
2016年5月24日(火曜日)
14時~17時(受付:13時30分~)

参加費
無料(事前登録制)

定員
30名

会場
ソリューションスクエア東京

株式会社日立システムズ
ソリューションスクエア東京
(品川区大崎1-2-1)
会場までの地図はこちらリンク
乗り換え案内・経路検索はこちらリンク

主催
株式会社 日立システムズ

共催
株式会社 日立ソリューションズ東日本


プログラム

13時30分~14時
受付

14時~14時10分
ご挨拶

14時10分~15時
第1部「いま、生産現場で起きていることを知る」
~M2MとIoTで見えてくる現在と未来~
古くて新しいM2M/IoTは、サーバー装置やネットワークなどのIT技術の進歩により、ようやく普及期に入りました。しかし、「どうやって導入し、どう活用すればよいのか?」が分からず、検討に踏み出せないお客さまも多いのではないでしょうか?
[第1部]では、IoTの導入事例紹介から、日立グループが提供するIoT導入・運用関連サービスについてお話しします。
株式会社 日立システムズ

15時~15時50分
第2部「経営数値、しっかり把握できていますか?」
~経営意思決定におけるシステムの活用について~
的確な経営状況把握は自社の強みを明確化し、CS向上を通じた売上増大などの利益確保の出発点といえます。過去の経験や直感に頼った属人的な経営判断から、実績データに基づいた科学的な経営管理の実現を、日立システムズは提案します。
[第2部]では、日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」の活用による、在庫管理に軸足を置いた経営意思決定の迅速化についてお話しします。
株式会社 日立システムズ

15時50分~16時
休憩

16時~16時50分
第3部「見えなかった在庫が見えた!」
~需給調整の決め手 PSI Visualizer~
日々の受注や発注状況で刻々と変わる在庫。従来はベテラン社員が経験や勘で調整していましたが、客観性や網羅性を欠き、需要動向を正確に反映しているとはいいがたい状況が発生しがちです。積み上げた利益を一瞬で吹き飛ばしてしまう問題在庫や、商機逸失原因の代表格である欠品の解決手段として、[第3部]では、需給バランス調整ソリューションを紹介します。
株式会社 日立ソリューションズ東日本

16時50分~17時
質疑応答・個別相談

※講演内容については、変更が生ずる場合がございますのでご了承ください。

出展商品・関連製品
日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」リンク
日立グループが提供する製造・流通業向け基幹業務ソリューションの統一ブランドです。幅広いソリューションラインアップの中から、お客さまに適したソリューションを提供します。


セミナー・イベントに関するお問い合わせ・お申し込み
見える化を真面目に考えるセミナー事務局
担当:河田(かわた)、江崎(えざき)
TEL:03-5435-4152
FutureStage_N1@ml.hitachi-systems.com

お申し込みはこちらからリンク

詳細はこちらリンク