logo

【事例で語る】マイナンバー導入を見据えたシンクライアント業務活用セミナー

2015年6月1日 (月)~
[ セミナー ] 株式会社日立システムズ

開催場所:東京

開催日:  2015年6月1日

多様な働き方の実現や業務効率の向上を目的にスマートデバイスなどを活用したモバイルワークの普及がすすむ一方で、端末の紛失や、利用端末へのウイルス侵入などによる情報漏えいリスクも高まっています。そうした中、業務・個人情報をPCやタブレット端末に保管せずに運用できる仮想デスクトップ環境の導入が進んでいます。

本セミナーでは、マイナンバーをはじめ、ますます企業に対するセキュリティ対策への取り組みの強化が求められる中、仮想デスクトップの導入における課題とともに実例を交えた活用術を紹介し、仮想デスクトップの導入をご検討のお客さまにお役に立てる情報を提供します。

ご多忙とは存じますが、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

お申し込みはこちらからリンク


対象者

・仮想デスクトップ導入検討中のお客さま
・業務にUSBデバイスの利用頻度が高いお客さま(自治体、地方銀行など)
・マイナンバー導入に伴うセキュリティ向上を検討のお客さま


開催概要


日程 2015年6月1日(月曜日)
14時~17時(受付:13時30分~)

会場

ソリューションスクエア東京

株式会社日立システムズ
ソリューションスクエア東京
(品川区大崎1-2-1)

会場までの地図はこちらリンク
乗り換え案内・経路検索はこちらリンク

参加費 無料(事前登録制)
定員 30名
主催 株式会社日立システムズ、株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

※定員に達し次第、受付を終了いたしますので、あらかじめご了承ください。

プログラム


14時~14時10分

ご挨拶

14時10分~15時

【基調講演】マイナンバー導入で企業が取り組まなければならないこと

 

15時~15時15分 休憩
15時15分~15時50分

マイナンバーを見据えたセキュリティ強化を実現する仮想デスクトップ・シンクライアント端末の業務への活用

株式会社日立システムズ

15時50分~16時30分

事例で語る仮想デスクトップUSB制御ソリューション「VUMS」活用術
仮想デスクトップ環境でUSBデバイスの利用が可能となる「VUMS」の活用の実例を元に、各社の課題をどのように解決し、どのような効果を得ているか紹介します。

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

16時30分~17時

仮想デスクトップ・シンクライアント導入個別相談会(希望者のみ)

※プログラムは変更が生じることがありますので、あらかじめご了承ください。

講師紹介

特別講師:奥野 克仁(おくの かつひと) 氏
株式会社シンクライアント総合研究所 シニアコンサルタントリンク
経歴概要
1993年NTTデータ通信株式会社(現株式会社NTTデータ)入社
公共システム事業本部在籍時より、情報システムのSaaS、クラウド化に着目し、総務省、経産省等の関連官庁と連携し、1999年特定非営利活動法人ASP・SaaSインダストリコンソーシアム(ASPIC)に発起人の一人として参画。初代事務局長としてASP・SaaS事業者、官公庁などの協力を得て、ASP・SaaSの普及啓発、市場創造などの活動を行い、政策・制度立案支援、コンサルティング活動に従事

NTTデータ退職後、2012年シンクライアント総合研究所設立に参画
現取締役シニアコンサルタント
沖縄県産業振興公社専門家派遣事業登録アドバイザー

関西、九州(沖縄含む)地区の幾つかの自治体や、民間法人に対しマイナンバー制度対応支援 (コンサルティング) /マイナンバー制度導入に影響される業務内容調査/関連法令の洗い出し特定個人情報保護評価(PIA)作成支援等に従事
主な著作・記事等事例で分かるシンクライアント動向(日経コミュニケーション誌連載2008年)
マイナンバー制導入における現行システムの方向性(日経ガバメントテクノロジー 2014年10 月号※記事監修)
マイナンバーに関する主な外部講演活動等番号法施行に伴う情報基盤のIT統制の方向性について
NPO法人市民と電子自治体ネットワーク主催セミナー(2013年12月)
自治体における情報基盤の現状及び番号制対応への課題
電子自治体パートナーズ戦略セミナー (2014年1月)

セミナー・イベントに関するお問い合わせ・お申し込み
株式会社日立システムズ セミナー事務局
seminar-hinet.zo@ml.hitachi-systems.com

お申し込みはこちらからリンク