logo

特権ID管理/アクセス管理/ログ管理ツールセミナー~失敗しないための選定、導入、運用のポイント~

2014年2月5日 (水)~
[ セミナー ] NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

開催場所:東京

開催日:  2014年2月5日

監査法人からの指摘への対応や作業時のアクセス制御・ログ取得など、様々な要件から、特権IDの厳格な管理は求められています。企業からは対策をうつべきと考えているものの、なかなか具体的な解決策が浮かばない、という話をよく聞きます。
本セミナーでは、特権ID管理の課題・問題点に触れながら、管理において鍵となる「ID管理」「アクセス管理」「ログ管理」の3つの視点から詳細な解説を行います。あわせて、3つの視点に最適なソリューションを紹介します。

■15:00-15:05 <ご挨拶>
NTTソフトウェア

■15:05-15:35 <セッション1>
「申請から監査まで、特権ID管理を中心としたIT統制対策のポイント
 ~負担を増やさずに、監査指摘をクリアをするには~」

監査でも指摘の多い特権IDの管理。本セッションでは、まず特権IDの管理における全体像、ポイントの解説を行います。
特に管理が煩雑になりがちな、IDの管理方法について、事例を踏まえながら、ポイントをわかりやすく紹介します。合わせてエージェントレス型の特権ID管理ソフトウェア「iDoperation」を活用し、効率的で確実な管理方法も説明します。
  NTTソフトウェア

■15:35-16:05 <セッション2>
「エージェントレスツールによる特権IDアクセス管理/ログ管理の現実解」

アクセス管理対策導入後の運用は日々必要なものであり、継続して運用する難しさを痛感されているのではないでしょうか。
本セッションでは、エージェントレスの特権IDアクセス管理/ログ監査ツールでトップシェアの「SecureCube / Access Check」について、特権IDアクセス管理/ログ管理を効率的かつ効果的に運用するためのポイントやお客様の成功事例を交えながら紹介します。
  NRIセキュアテクノロジーズ

- - - - - - - - - <休憩 10分間> - - - - - - - - -

■16:15-16:45 <セッション3>
「ログは取るだけでは終わらない
 ~ログを「診る」ために必要な仕掛けとは~」

セキュリティや監査の目的から、多くの企業がログ管理システムを導入していますが、有効に活用できていない例も少なくありません。
本セッションでは、ログを「診る」ために持つべき視点と、そのために必要な仕掛けについて、国内シェアNo.1の統合ログ管理システム「Logstorage」の導入事例を交え、具体的、実践的な内容でご紹介します。
  インフォサイエンス

■16:45-17:00 <質疑応答>