logo

標的型攻撃対策ソリューション 『FireEye』 徹底解説セミナー

2013年10月2日 (水)
[ セミナー ] マクニカネットワークス株式会社

開催場所:東京

開催日:  2013年10月2日

申込締切日:2013年10月1日 (火)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 【導入事例で学ぶ!】

     標的型攻撃とは何なのか?どの程度の規模や業種がターゲットとなるのか?
                                     
          そして、数あるセキュリティ製品の中から
        標的型攻撃に『真に効果的な対策』を選択するには?

   標的型攻撃専門ソリューションの『FireEye』でサイバー攻撃に備えよ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  

昨今、企業のセキュリティ対策を検討する上で、「標的型攻撃対策」というキーワードは
管理者様の中で大きなポイントとなっていると思います。
しかしながら、『標的型攻撃対策』というキーワードのみが一人歩きし、対策方法を
決めかねていらっしゃる方も少なくないのでしょうか?

標的型攻撃対策を検討する上ではまず、標的型攻撃について正しい知識を身につける
ことが重要といえます。

本セミナーでは、まず、セッションで弊社のお客様事例を用いながら、標的型攻撃の
定義と、ターゲットとなったお客様の規模や業種、攻撃手法等をご紹介いたします。

次に、標的型攻撃対策に有効なソリューションとして、FireEyeという製品をご紹介い
たします。FireEyeは日本の様々な業種、規模のお客様で採用されており、米国政府に
も導入されている最新鋭のセキュリティソリューションです。本セミナーでは、製品
概要はもちろん、デモを通じて製品を体感できるセッションもご用意しております。


具体的な対策をご検討されている方はもちろん、最先端のセキュリティソリューション
の情報収集をされたい方、標的型攻撃について「今更聞けない・・」と思っている方に
とっても有意義に感じていただけるような情報をご提供いたします。
是非ご参加ください!!



◆本セミナーでは、以下のポイントについてご紹介します◆
 -様々な規模/業種の企業で見つかっている標的型攻撃の実状
 -最先端の攻撃検知技術『FireEye』のソリューション
 -導入事例(それぞれのお客様が抱えるリスクと導入のポイント、運用方法)


◆プログラム◆
 15:00~15:20 なぜ、今、標的型攻撃対策が必要なのか?
        ・どのような業種や規模のお客様が攻撃を受けているのか?
        ・なぜ、今までのソリューションでは防げないのか?

 15:20~15:50 標的型攻撃から企業を守るために
        ・標的型攻撃対策専用ソリューション『FireEye』のご紹介

 15:50~16:05 休憩

 16:05~16:35 『FireEye』 ご導入イメージ
        ・構成イメージ
        ・管理画面サンプル
        ・FireEyeユーザ事例

 16:35~16:50 連携ソリューションのご紹介
        ・監視デバイス統合ツール『Gigamon』

 16:50~17:00 質疑応答・アンケート記入

※講演内容につきましては予告なく変更する場合がございますので、
 予めご了承下さい。

今日の主要記事