logo

イーソルセミナー アルテラSoC向けソフトウェア開発のポイント ~開発フロー、リアルタイムOS、開発ツール解説とデモ~

2013年6月26日 (水)
[ セミナー ] イーソル株式会社

開催場所:東京

開催日:  2013年6月26日

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イーソル 組込みソフトセミナー(無料)

「アルテラSoC向けソフトウェア開発のポイント」
~開発フロー、リアルタイムOS、開発ツールの解説とデモ~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇


近年、FA/産業機器、ADASなどの車載向け機器、医療機器など、様々な組込み
機器は、ますます複雑化しています。高性能化や品質の確保と同時に、コス
トや消費電力の低減、システムの変更に耐えられる柔軟性などが求められて
います。 これらの要望に応える製品のひとつとして、ハード・プロセッサ・
システム(HPS)搭載のアルテラ社「アルテラSoC」が注目されています。ア
ルテラSoCは、デュアルコアARM Cortex-A9 MPCoreプロセッサベースのHPSを
搭載し、FPGAと統合されています。これにより、システム消費電力やコスト
低減と、性能の向上およびプログラム・ロジックの柔軟性が実現されていま
す。


本セミナーではアルテラ社をスピーカーに迎え、アルテラSoCに対応したイー
ソルのT-Kernelベースソフトウェアプラットフォーム「eT-Kernel Platform」
を利用した環境での、アルテラSoC向けソフトウェア開発のポイントを解説し
ます。eT-KernelプラットフォームのコアであるリアルタイムOS「eT-Kernel」
は、μITRONの性能とアーキテクチャを引き継ぐリアルタイムOS、Linuxとの高
い互換性を持つPOSIX仕様準拠リアルタイムOSを含む、3つのスケーラブルなプ
ロファイルで構成されており、μITRON、T-Kernel、Linuxの各資産を再利用し
た効率的な開発をサポートします。またマルチコアプロセッサにも対応した開
発環境「eBinder」を、デモを交えてご紹介します。アルテラSoC向けソフト
ウェア開発の実際の流れやポイントがよく理解できます。


参加料は無料です。お気軽にご参加ください。


★このような方にお勧めのセミナーです★

*アルテラSoCのソフトウェア開発フローを知りたい方
*アルテラSoCのARMコア用ソフトウェア開発を行っている方、または今後予定がある方
*FA/産業機器、医療機器、ADASなどの車載向け機器のシステム開発に携わる方
*FPGAの開発経験はあるが、ARMコアを使ったシステム開発は初めての方



◆日程 :2013年6月26日(水) 13:30~17:00(受付開始13:00)
◆プログラム:
 ・アルテラSoCの概要と特長(日本アルテラ社)
 ・アルテラSoC対応「eT-Kernel Platform」の概要および開発フロー解説
 ・リアルタイムOS「eT-Kernel」のご紹介
 ・開発環境「eBinder」のご紹介とデモ
 ・各種アプリケーション・ミドルウェアのご紹介