logo

アジャイル開発成功のポイント ‐ 開発から運用をつなぐ最新アプローチ ‐

2012年10月11日 (木)~
[ セミナー ] エンバカデロ・テクノロジーズ合同会社

開催場所:東京

開催日:  2012年10月11日

2001年のアジャイルソフトウェア開発宣言から10年が経ち、ソフトウェア開発においてアジャイルという言葉はごく一般的になってきました。

今回、アジャイル開発をリードするテクノロジックアートとの協賛で、アジャイル開発をテーマとしたセミナーを開催します。今どきのアジャイル開発を理解し、ツールを活用してこれらを実践する方法を紹介します。これまで、ウォーターフォール型の開発を中心に行ってきた方や、現在の開発プロセスに問題意識を持っている方、何かを改善したいと思っているプロジェクトリーダーの方などにお勧めです。

【開催概要】
「アジャイル開発成功のポイント ‐ 開発から運用をつなぐ最新アプローチ ‐」
主催 エンバカデロ・テクノロジーズ
協催 株式会社テクノロジックアート
日程 2012年10月11日(木) 13:30~16:45 (13:15 受付開始)
会場 新宿ファーストウエスト 3階 AB会議室 地図
参加費 無料 (事前登録制)

■申込方法
こちらの申込みフォームリンクから、必要事項を入力してお申込みください。[登録実行]ボタンをクリックすると、入力頂いたEメールアドレスに受講票が送付されます。

座席準備のため、事前申し込みにご協力下さい。
定員を超えた場合には、大変恐縮ですが、お申込みをお断りさせていただくことがありますので、あらかじめご了承下さい。

【セッション概要】
13:30~14:45
「開発と運用をつなぐアジャイル開発最新トレンド」

本セッションでは、開発者寄りのイメージが強かったXP(Extreme Programming)導入期から、開発チーム内の管理・運営にも着目したScrum普及期、さらに最近のトレンドであるビジネスへのフォーカスまで、国内におけるアジャイル開発の普及の歴史に沿って、アジャイル開発の基本を説明いたします。

株式会社テクノロジックアート アジャイルグループリーダー 中佐藤 麻記子

15:00~15:50
「アジャイル開発に適した最新DBツール ソリューション」

ITプロジェクトの状況は日々変化し、より一層の効率化が求められるプレッシャーの中、アジャイルを実践する開発プロセスやそのメンバーにとってプロジェクト全体を常に掌握しておくことは極めて重要になっています。
データベースツールベンダーの老舗であるエンバカデロ・テクノロジーズが提供する「ER/Studio」、「DB Optimizer」、「DB Change Manager」を用い、いかにしてERモデルの設計・共有、プロファイリング、チューニング、スキーマ変更追跡を効率化するかを解説いたします。

エンバカデロ・テクノロジーズ エヴァンジェリスト 高橋 智宏

16:00~16:45
「アジャイル開発における 『AppWave』 の活用法」

アジャイル(反復)開発プロセスでは、短く区切られた期間で動くアプリケーションを作成し、これを繰り返し、システム全体を仕上げていきます。実際にビジネスの現場で動くソフトウエアを動作・確認することによってユーザーは要求がどのようにシステムとして実現されるかを知り、評価がしやすくなるとともに、そのフィードバックをできるだけ早く受け取り、改善を行うことが大切となってきます。
本セッションでは、PCソフトウエア向けのエンタープライズ・アプリストアを構築可能でかつ必要なソフトウエアへの迅速なアクセスを提供する AppWaveのご紹介と、アジャイル開発プロセス内で、AppWaveを有効に活用する手法について説明いたします。

エンバカデロ・テクノロジーズ シニアセールスエンジニア 米澤 千賀子