logo

在庫削減とキャッシュフロー改善による利益向上セミナー

2012年7月30日 (月)~
[ セミナー ] 株式会社日立東日本ソリューションズ

開催場所:東京

開催日:  2012年7月30日

申込締切日:2012年7月27日 (金)

業が、真に顧客主義を徹底し収益を向上していくためには、戦略的なデータ活用が不可欠です。 「製品の品質向上」「原価低減」「需要の予測」など、重要な課題の解決にデータ活用が威力を発揮する場面は少なくありません。

顧客ニーズの変化、経済のグローバル化、競争の激化と、ビジネスを取り巻く環境が大きく変化する中で、企業で発生するデータ量は以前と比較して劇的に増加しています。膨大なデータの中から有益なインテリジェンスを引き出す情報活用ノウハウが求められています。

本セミナーでは、国内350社の企業様にご採用頂いております需要予測、販売計画、在庫可視化・調整ソリューションにつきまして、導入により大きな成果を上げられているサラヤ株式会社様にご協力いただき、在庫圧縮プロジェクトの実践事例と成果についてご紹介頂きます。さらに、地域密着型のホームセンターユーホー様、いすゞ自動車様、大手食品メーカー様他での実践事例につきまして、デモンストレーションを交えご紹介致します。

情報の徹底活用と計画力の強化で、販売機会の最大化と無駄の徹底排除による収益改善の施策をご提案いたします。

ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご来場賜りますようお願い申し上げます。


■開催概要
【日時】2012年 7月30(月) 14:00~17:00
【会場へのアクセス】
品川・ハーモニアスコンピテンスセンター
※品川イーストワンタワー13F JR品川駅港南口すぐ
(東京都港区港南二丁目16番1号)
リンク
【対象】
製造業・流通業界の経営企画、サプライチェーン管理、
需給調整業務に携わる方
【主催】(株)日立東日本ソリューションズ
リンク
【定員】20名(先着順)
【受講料】無料


■プログラム

【1】ご挨拶並びに弊社取り組みのご紹介 


【2】店舗発注業務の効率化、店舗在庫10%削減を実現 
ホームセンター ユーホー様 需要予測によるホームセンター自動発注事例 PSI(生産・調達・販売・在庫)調整ソリューションのご紹介
無駄のない生産や調達のためには、精度の高い需要計画が必要です。そのためには、過去のデータを十分に活用し将来の見通しをたて、関係部署が情報を共有し、協調して計画を立案していくことが重要です。シェアNO.1の需要予測エンジンにより販売・発注計画業務をサポートすると共に、可視化機能を強化したPSI(生産・調達・販売・在庫)調整ソリューションを導入され、大きな成果を上げられたホームセンターユーホー様、いすゞ自動車様、大手食品メーカー様を中心とした各社様の取り組みと効果につきましてデモンストレーションを交えご紹介します。併せまして、数多くのコンサルティング実績から、お客様の様々な商品特性に応じた、データ分析の事例をご紹介致します。


【3】在庫可視化ソリューションSynCAS PSI Visualizerと成功事例のご紹介

SynCAS PSI Visualizerは資材や製品の在庫状況をビジュアル化し、問題の早期発見、生産スパンやロット、安全在庫の改善に繋げることが出来ます。成功事例を交えながら在庫可視化~改善のアクションのポイントをご紹介致します。

ユーザー様によるご講演 サラヤ様 
【4】SCM部発足による需給調整業務の改善組織や業務の中に潜む問題点を一から洗い出し、徹底的に現状把握を行い、SCMのあるべき姿を定義し、“組織”、“システム”の改革に取り組んでこられました。大幅な製品在庫削減を実現したサラヤ(株)様の取り組みについてご講演いただきます。


■お問い合わせ
株式会社 日立東日本ソリューションズ
セミナー事務局 担当:中野・福澤
TEL:044-210-1904
Email:synapse@hitachi-to.co.jp