logo

民主党、資本市場・企業統治改革ワーキングチームの提言から日本企業のガバナンスを考える

2012年3月12日 (月)
[ セミナー ] レクシスネクシス・ジャパン株式会社

開催場所:東京

開催日:  2012年3月12日

申込締切日:2012年3月11日 (日)

オリンパスの損失隠し問題などの最近の企業不祥事を受けて設置された民主党財務金融部門会議の「資本市場・企業統治改革ワーキングチーム(WT)」が近々企業統治改革に関して独自の提言を発表することを受け、WT事務局長である網屋信介衆議院議員をお招きして、セミナーを開催いたします。

網屋議員にはWTの提言の詳細についてご説明いただき、その後、2006年に施行された「会社法」の起草に携わった実務担当者の一人であるTMI総合法律事務所パートナー、葉玉匡美弁護士に今回の「会社法制の見直しに関する中間試案」に対するご意見をうかがいます。
また、セミナー後半では上記のお二人に加え、株式会社ファーストリテイリングやみらかホールディングス株式会社で社外取締役としてご活躍されている服部暢達氏、株式会社クボタで社外取締役としてご活躍されている水野讓氏を迎え、パネルディスカッションを行います。具体的には、現在取締役会でどのような問題が起こっているか、社外取締役の役割とは何か、社外取締役が取締役会に入ってきたときにどうなるのか、といったことを議論いたします。司会は公益社団法人 会社役員育成機構(BDTI)理事である大杉謙一氏が務めます。

▼日時:2012年3月12日(月)15:30~18:00(開場15:00~)
▼主催:公益社団法人 会社役員育成機構
▼協賛:TMI総合法律事務所、レクシスネクシス・ジャパン株式会社リンク
▼協力:日本商工会議所
▼対象者:法務部、経営企画部、総務部、内部統制部、監査役業務部等、コーポレートガバナンスに従事する役職者または役職者を補佐するご担当者様
▼参加費用:5,000円(税込)
▼定員:130名
▼会場:TMI総合法律事務所セミナールーム
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー22階
    <地図>リンク
▼講師:
・網屋信介 氏
  民主党衆議院議員
  民主党財務金融部門会議 資本市場・企業統治改革WT事務局長
・葉玉匡美 氏
  TMI総合法律事務所 パートナー 弁護士
  上智大学法科大学院実務家教授
・服部暢達 氏
  早稲田大学大学院ファイナンス研究センター客員教授
  一橋大学大学院国際企業戦略研究科客員教授
  服部暢達事務所 代表取締役
  株式会社ファーストリテイリング 社外取締役
  みらかホールディングス株式会社 社外取締役
・水野讓 氏
  株式会社クボタ社外取締役
  元松下電器産業株式会社(現:パナソニック株式会社)財務・IR担当 上席理事
・ニコラス・E・ベネシュ 氏
  BDTI代表理事
・大杉 謙一 氏(司会)
  中央大学法科大学院 教授
  BDTI理事

お申込みはこちらから:リンク