logo

実践 Ruby on Railsシステム設計 ~Railsによるシステム設計実践版研修~

2011年6月21日 (火)~
[ 研修 ] CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

開催場所:東京

開催日:  2011年6月21日

■期間:3日間
■開始時間:09:30
■終了時間:17:00
■価格(税込み):\157,500-
□定員:

■コース概要(目的):
Ruby on Railsを使ったソフトウェア開発における、設計を有効に進める方法として、「テスト駆動開発」「リファクタリング」「設計原則」といった技術を習得します。

□学習目標: 
・ソフトウェア開発における設計方法の習得
・テスト駆動開発の理解
・リファクタリングの理解
・設計原則の理解

□特徴・ポイント:

□対象者:
・Webアプリケーションの設計技術の習得を目指している方

□前提知識・条件:
・Linuxの基本的な操作
・「Ruby入門」「Ruby on Rails Webアプリケーション開発」を受講済み、または同等の知識をお持ちの方

□スクール環境:
・Ruby 1.8.7
・Rails 2.3
・MySQL 5.0
・Linux

■内容:
●Ruby on Railsを取り巻く開発の変化
・Ruby on Railsへの期待
・プロジェクトが混乱する要因

●分散管理システム
・ソースコードの取得、修正、コミット

●ユニットテスト
・ユニットテストとは
・ユニットテストをする理由
・Cucumberによるテストの実行
・Cucumberによるテストの書き方
・ステップ定義

●テスト駆動開発(TDD)
・TDDとは
・TDDの手順
・TDDの効果

●リファクタリング
・リファクタリングとは
・なぜリファクタリングが必要か
・リファクタリングをするタイミング
・リファクタリングしてはいけないとき

●設計判断
・MVCアーキテクチャとは
・モデルの役割
・ビューの役割
・コントローラの役割
・MVCに分けるメリット
・モデルとデータの設計

●Rspec
・Rspecによるロジックの単体テスト
・Rspecの書き方
・テストの準備
・モックオブジェクトとは

●外部システム連携
・ActionMailer
・Observer
・非同期処理
・アプリケーションサーバ以外の処理
・ログ出力の重要性

□備考:
※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。

◆他の日程や詳細、お申し込みは以下をご覧ください。

今日の主要記事