logo

~新世代予算管理を早期実現~IFRSも見据えた予算管理の課題と対策

2010年3月26日 (金)~2010年4月23日 (金)
[ セミナー ] 株式会社日立東日本ソリューションズ

開催場所:東京

開催日:  2010年3月26日~4月23日

申込締切日:2010年4月21日 (水)

■ごあいさつ

 経営環境は厳しさを増しておりますが、企業にはこうした状況変化への迅速な対応を求められています。現在のように変化の激しい市場においては、タイムリーに問題に気づき、適切な解決策を講じることは必ずしも容易ではありません。そのためには、戦略と施策を可視化し問題や無駄がすぐに“見える”こと、そして予算/目標の短期のローリングが極めて重要となります。
本セミナーでは、「Infor PM 10」の戦略管理と予算管理にフォーカスしてご紹介させて頂きます。ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせのうえご出席賜りたくご案内申し上げます。

■開催概要
・日時:2010年4月23日(金) 14:00~17:00(受付開始13:30~)
・会場:ハーモニアス・コンピテンス・センター
   ※東京都港区港南二丁目16番1号品川イーストワンタワー13階
■対象
 予算管理、業績管理等をご担当されている企画部門、財務部門の方
 会社経営者又は役員の方、または課題をお持ちのIT部門の方
■主催:株式会社日立東日本ソリューションズ
■受講料:無料(定員18名)
■プログラム
<セッション1>
○変化の時代に要請される予算管理機能とは

需要・為替・原材料価格などが大きく変化する現代の経営環境の中で、多くの企業が予算管理の位置づけと実装すべき機能を見直すべき時期にきていると考えます。管理プロセスとシステム機能の視点から、予算管理に関する改善ポイントをご紹介いたします。

【講師】
(株)ビジネスブレイン太田昭和
マネジメントコンサルティング部
シニア・パートナー 川手 健次郎

<セッション2>
○予算管理サイクルの高速化を実現するInfor PM 10

IFRSの適用により、企業はグローバル且つ将来予測型の業績管理を求められます。
本セッションでは、インフォアの独自アプローチにより、既存資産を活かしつつ統合された業績管理システムを構築するソリューションをご紹介します。

【講師】
日本インフォア・グローバル・ソリューションズ(株)
インダストリーソリューション・ビジネスコンサルティング本部
ビジネスコンサルティングマネージャー 石田 雅久

<セッション3>
○予算計画・予算編成をデモンストレーションでご紹介(Infor PM 10)

Infor PM 10は、パフォーマンスマネジメントのPDCAサイクルを実現するためのアプリケーションを提供します。本セッションでは、「予算計画/予算編成」の機能にフォーカスして、デモンストレーションをまじえてご紹介いたします。

【講師】
(株)日立東日本ソリューションズ
ビジネスソリューション本部 BIソリューション部
技師 及川 慎也

<セッション4>
○スターターパックのご紹介

新世代の予算管理を早期に実現するためのソリューションが「スターターパック」です。スターターパックは、導入に必要なハードウェア・ソフトウェア・導入支援をオールインワンパックにしました。来年度の予算ローリングのタイミングでの試行導入や、その次の予算編成での本格導入を見据えた部分試行システムなどを短期間かつ低コストで構築できます。本セッションでは、スターターパックの内容と導入までの流れをご紹介いたします。

【講師】
(株)日立東日本ソリューションズ
ビジネスソリューション本部 BIソリューション部
技師 及川 慎也