logo

日立ソフトウェアエンジニアリング、みずほ情報総研、アクセラテクノロジ共同開催セミナー 社内情報共有促進と情報漏洩防止の両立は可能か?

2008年12月12日 (金)
[ セミナー ] アクセラテクノロジ株式会社

開催場所:東京

開催日:  2008年12月12日

申込締切日:2008年12月11日 (木)

情報とは、企業の中を血液のように循環し活用されるべき重要な存在であると
同時に、企業の信頼を脅かす情報漏洩の種でもあります。
現在情報活用の観点ではエンタープライズサーチと呼ばれる企業内の各種情報
源を全社横断的に検索する仕組みが注目を集めています。一方、情報漏洩の対
策としては、企業内の文書サーバにおかれた電子文書を暗号化するなど、簡単
に外に持ち出せないような仕組みの導入が進んでいます。情報活用も情報漏洩
対策もどちらも大切な取り組みでありながら、これまでは個々に議論されるこ
とが多く、この二つをいかに両立させるかで悩んでいる企業経営者の方も多い
のではないでしょうか。情報漏洩対策の取り組みにより業務における価値ある
情報やノウハウなどの活用が困難になったり、迅速なお客様対応ができないよ
うな事態は避けなければなりません。

今回のセミナーでは、情報活用と情報漏洩防止の両立をテーマに、日立ソフト
の秘文をご紹介し、次にエンタープライズサーチAccela BizSearchを連携させ
ることで、社内共有サーバ上に蓄積された暗号化文書をセキュリティを守りつ
つ容易に検索可能とするシステムをご紹介いたします。具体的なお客様事例を
導入プロセスまで踏み込んでご紹介いたします。


【プログラム内容】
15:00~15:30
『秘文で実現する情報活用とセキュリティ対策』
               日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社     
15:40~16:40
『暗号化と検索性の両立:秘文+Accela BizSearchで実現する
セキュアエンタープライズサーチご紹介』
1) 情報漏洩対策が重視される時代のエンタープライズサーチ課題
                      アクセラテクノロジ株式会社
2) 導入事例紹介~事例にみるお客様ニーズとソリューション~
                        みずほ情報総研株式会社
16:40~ 質疑応答、個別相談