お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ディスカッション型セミナ~お客様同士でナレッジを交換!“仮想化”への取り組みを徹底討論~ 「やっぱり甘くないのか?仮想化する理由、仮想化しない理由」

2008年6月12日 (木)~
開催場所 : 大阪
開催日:  2008年6月12日
申込締切日 : 2008年6月10日 (火)
 日立ソフトでは、今年2月に『仮想化』をテーマに、東京・名古屋・大阪の3会場にてディスカッション形式のワークショップセミナを開催いたしました。本ワークショップでは、仮想化を実際に導入されている企業や導入を検討されている企業の皆様にお集まりいただき、現状の取組みについて大変多くの情報交換をしていただきました。
(詳細は リンク をご覧下さい)
 今回はその第2弾として、さらに深く、仮想化に期待する点、不安要素についてお客様同士で情報交換をしていただきます。特に、情報システム部門やシステム運用・管理部門の方々は、運用現場ならではの疑問や不安点を多く抱えていらっしゃることと存じます。
例えば、乱立するサーバーの集約・統合化、CPUの効率的な利用、またレガシーシステムの延命などをねらいとして、開発環境を中心にサーバーの一部仮想化に踏み切る企業が多くなっていますが、一方で、
「本番運用に耐えられるレベルなのか?」
「仮想化のソフトそのものが安定して動作するのか?」
「何か問題が発生した場合、いったい誰がサポートしてくれるのか?」
といった不安が多いために、本番環境や基幹系への、『仮想化』の本格的な導入にまだ踏み切れていない企業も多いのではないでしょうか。 

 本セミナでは、実際に仮想化を導入されておられる企業や、これから仮想化の導入を真剣に検討しておられる企業にお集まりいただき、『仮想化』への取り組みの現状や様々な疑問に対し、お客様同士がナレッジを持ち寄り、展開されるディスカッションの中から、今後どのように『仮想化』に対して取り組むべきかを明らかにしていきます。  


■開催日 2008年6月12日(木)
■場所 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社 関西支店
      大阪市中央区安土町1丁目8番15号(野村不動産大阪ビル1階)
■時間  15:00~17:30 (受付 14:30~)  
■主催 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
■運営事務局 株式会社ナレッジサイン
■参加費用 無料
■対象 サーバーの仮想化をすでに導入している企業、または今後導入を検討している企業の情報システム部門、 システム運用・管理部門、IT資産管理部門統括責任者の方々
■定員 8名  
■内容 ファシリテーターの進行によるフリー・ディスカッション形式
■司会・進行  株式会社ナレッジサイン 代表取締役 吉岡英幸
■問合せ先 株式会社ナレッジサイン ワークショップ事務局 Tel : 03-3555-6901