logo

データ、プロセスの可視化・管理からみる内部統制のあり方 ~金融・保険・証券向け特別セミナー~

2006年12月13日 (水)~
[ セミナー ] 日揮情報ソフトウェア株式会社

開催場所:東京

開催日:  2006年12月13日

申込締切日:1970年1月1日 (木)

金融・保険・証券行のシステムは、合併・統合などでさらなる競争の激化と、SOX法などによる規制の強化が始まっています。
このような情勢の中で、今後のビジネスに対する課題として、強く求められているのはデータとプロセスの可視化、またその柔軟かつ拡張可能な管理ではないでしょうか?
本セミナーでは、金融・保険・証券でのモデル/データ管理を欧米の具体的な事例を交えて紹介し、さらにBPMの取組み、ツールの活用による大規模モデルの管理や効率化、マスターデータ管理などを紹介していきます。

主催:日揮情報ソフトウェア株式会社
協賛:日本CA株式会社、株式会社メタジトリー、Japan Enterprise Modeling User Group(JEMUG)、株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)、インフォマティカ・ジャパン株式会社
協力:日本BPM協会

■日時:2006年12月13日 (水) 13:30 ~ 17:00 (13:00受付開始)
■会場:日本CA株式会社セミナールーム(新宿三井ビル39F)
■参加費/定員:30名 / 無料(事前登録制)

■プログラム:
●【事例セッション】金融・保険・証券業の顧客管理とデータ管理
●【BPMNとの連携】金融・保険・証券におけるBPMの取り組み
●【製品活用】モデルマネジメントツールと活用法:CA Modeling Suiteのご紹介
●【マスターデータ管理】マスターデータ管理の効果的な実現方法とステップ
●Q&A/閉会

今日の主要記事