お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

『営業部門の強化は時代の必然である!』  ~顧客創造日報が競合に勝ち抜く営業部門をつくる~

2006年2月7日 (火)
開催場所 : 愛知
開催日:  2006年2月7日
申込締切日 : 2006年2月7日 (火)
 人口減少に伴う今後においては、企業間競争が益々激化する時代となっていく事が予想されます。
 そのような時代の変化に営業部門が従来と何ら変わらずにいる事は、企業間競争に勝ち抜いていけないことを意味します。
つまり、営業部門の強化は時代の必然であると言えます。
 しかし、営業部門の強化は、営業部門のみの取り組みで実現するものではありません。
 営業部門が収集してくる貴重な顧客情報を全社で蓄積共有し、その情報を製品開発も含めた顧客対応に活かし、またそれを以て全社が営業部門の支援体制を構築することが真の営業部門の強化に繋がります。
 そして、これらを実現するにはツールを含む仕組みの導入が必要不可欠となります。
 本セミナーでは、その考え方と共にツールを含む仕組みを分かり易くお伝えします。
 つきましてはこの機会に、営業力強化の始めの一歩である顧客情報共有化のヒントをつかんで頂ければ幸いです。
 経営トップの方をはじめ、営業責任者・IT責任者の方々のご参加をお待ちしております。

基調講演 『営業部門の強化は時代の必然である!』
      ~顧客創造日報が競合に勝ち抜く営業部門をつくる~

講師:長尾一洋 ((株)NIコンサルティング 代表取締役)

・人口減少、マーケット縮小時代の営業部門とは
・営業改革の3つのポイント
・顧客のために営業部門をIT化するとは
・日本には日本のSFAがある etc.

第二部 『営業部門の強化に必要なツール、営業支援システム活用の実際』

講師:コンサルタント ((株)NIコンサルティング)

・営業支援システム(SFA)とは
・営業支援システム(SFA)の営業を強くする
・活用事例/導入事例  etc.