お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ユーザー・カンファレンス『G-Force Japan 2005』 コンタクトセンター ~ 次のステップへの指針 ~ をテーマにコンタクトセンターの将来を提案

2005年6月7日 (火)
開催場所 : ホテルニューオータニ  ザ・メイン 宴会場階 「芙蓉」
開催日:  2005年6月7日
申込締切日 : 1970年1月1日 (木)
コンタクトセンターやCRM(Customer Relationship Management)に関する最新の情報や業界トレンド、テクノロジーならびにジェネシス社製品の導入事例を紹介するユーザー・カンファレンス「G-Force Japan 2005 -コンタクトセンター ~次のステップへの指針~」を6月7日、東京 ホテルニューオータニにて開催いたします。
消費者ニーズや動向、企業戦略、テクノロジーをはじめ、コンタクトセンターを取り巻く環境は、日々、急激に変化しています。現在、コンタクトセンターの構築に求められているのは、お客様とのリレーションシップを長期的に確立していくためのビジョンと、様々な変化を迅速にオペレーションに反映できる対応力といえます。
G-Force Japan 2005では、こうした傾向を踏まえ、「コンタクトセンター ~次のステップへの指針~」をテーマに、最新のユーザー事例やIPコンタクトセンター、CRMやバックオフィスなどとの連携、音声認識技術を使ったセルフサービスをはじめとしたテクノロジーに関するセッション・展示を通じて、運用と技術がバランスよく融合し、市場の変化に合わせた意思決定を即座にシステムや運用に反映できるコンタクトセンター・ソリューションをご提案いたします。

基調講演では、お客様と企業の関係を強化する上で、その接点となるコンタクトセンターの機能強化とIP化やバックオフィスとの連携により、お客様とのコミュニケーションを全社的に統合し、お客様とのコミュニケーションの効率的かつ有効的なマネジメントが可能となるコンタクトセンターのあり方について、ジェネシスの今後の方向性、製品戦略をご紹介いたします。さらに、国内唯一のCOPC-2000規格の認証審査、および教育機関としての活動を進めているプロシード COPC事業部の畑中伸介氏も登壇。コンタクトセンターが企業のCS経営に貢献するために必要な指標管理の手法を紹介します。
また、ユーザー事例セッションでは、7年間で売上100億円を突破した注目の通販会社、株式会社JIMOS様よる同社のコンタクトセンター運営のノウハウのほか、松井証券株式会社様など、ジェネシスのユーザーによる最新の事例の講演が予定されています。
そのほか、ソリューションセッションや、展示デモコーナーなども予定しております。
詳細につきましては以下をご参照ください。
リンク