「iPad Pro」と「Surface Pro 4」気になるのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルが12.9インチの「iPad Pro」を11月11日からオンラインで発売することを明らかにしました。日本マイクロソフトも12.9インチの「Surface Pro 4」を11月12日に発売予定です。

 どちらもキーボードを組み合わせて持ち運べるデザインを特徴としており、タブレットとしてだけでなくノートPCとしても利用できるのがポイントです。また、ペン入力へのこだわりも両社の特徴のひとつです。

 Surfaceは「Surface ペン」が付属し、オプションの「Surface ペン先キット」はペン先を4つ(2H/H/HB/B)から選べます。Surface発表時に披露された手書き認識で楽譜を作成するデモは、多くの人に驚きをもたらしました。

 一方のiPad Proも言わずもがな、新たに「Apple Pencil」を開発するなど、並々ならぬこだわりを見せています。iPad Pro発表時のあらゆる太さの線を描くなめらかな動きは、クリエーターから大きな注目を集めました。

 ただし、両社の方向性は若干異なります。Macで採用されるMac OSではなくあくまでiPhoneやiPad専用のiOSを採用しているiPad Proに対し、マイクロソフトはWindows 10 Proを搭載。さらに一般向けにはOfficeも標準で付属するなど、本格的にPCとしても使えるものに仕上げています。

 Surface Pro 4の価格は、13万4784円(税込)から。Type Cover(キーボード)は別売りで、1万7712円(税込)。カバーと本体を合わせると、最低価格は15万2496円から。

 一方のiPad Proは、Wi-Fiモデルが10万2384円(税込)から。Apple Pencilは1万2744円(税込)で、Smart Keyboardはチャコールグレイで2万1384円(税込)です。ペンとカバーと本体を合わせると、最低価格は13万6512円からです。

「iPad Pro」と「Surface Pro 4」、気になるのはどっち?

iPad Pro

iPad Pro

87
87 47

Surface Pro 4

Surface Pro 4

47


iPad Pro Kazuyoshi Koike
これでも・・・マック使い!です!アップルに1票!

iPad Pro Jj
製品自体の完成度の高さでiPad Pro。 特に、Pencilの使いやすさ、アプリの数および品質で他を圧倒している。 Surfaceはコンセプトがまったく異なる製品だけど、一言でいうと中途半端で未来を感じない。

iPad Pro ジャン
従来のスタイラスペンを徹底的に否定していたAppleによるものだから、Apple Pencilを使ってみたい。

iPad Pro makoy
新しいペン入力がどれぐらい自然なのか、大いに期待している。 日本向けキーボードが用意されていないことが、不満である。

iPad Pro Soichi Nozaka
アップルが納得して製品化した物だから気になる。

iPad Pro kajisuke001
iPad Proほすいぃぃ〜

Surface Pro 4 ugc7
this one.

Surface Pro 4 Cat
資産もあるし、自由に使いたい。

Surface Pro 4 Seong Cheol Kim
PCとしてのスペックがあるからビジネスにも使えそうですな

Surface Pro 4 よしみち
iPadとSurfacePro4は両雄相立つの関係であり、単純比較はある意味ナンセンスである。が、PC環境に限定して比較するなら今後もミレニアムが続くであろうWindowsのSurfacePro4に軍配。

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]