logo

「iPad Pro」と「Surface Pro 4」気になるのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルが12.9インチの「iPad Pro」を11月11日からオンラインで発売することを明らかにしました。日本マイクロソフトも12.9インチの「Surface Pro 4」を11月12日に発売予定です。

 どちらもキーボードを組み合わせて持ち運べるデザインを特徴としており、タブレットとしてだけでなくノートPCとしても利用できるのがポイントです。また、ペン入力へのこだわりも両社の特徴のひとつです。

 Surfaceは「Surface ペン」が付属し、オプションの「Surface ペン先キット」はペン先を4つ(2H/H/HB/B)から選べます。Surface発表時に披露された手書き認識で楽譜を作成するデモは、多くの人に驚きをもたらしました。

 一方のiPad Proも言わずもがな、新たに「Apple Pencil」を開発するなど、並々ならぬこだわりを見せています。iPad Pro発表時のあらゆる太さの線を描くなめらかな動きは、クリエーターから大きな注目を集めました。

 ただし、両社の方向性は若干異なります。Macで採用されるMac OSではなくあくまでiPhoneやiPad専用のiOSを採用しているiPad Proに対し、マイクロソフトはWindows 10 Proを搭載。さらに一般向けにはOfficeも標準で付属するなど、本格的にPCとしても使えるものに仕上げています。

 Surface Pro 4の価格は、13万4784円(税込)から。Type Cover(キーボード)は別売りで、1万7712円(税込)。カバーと本体を合わせると、最低価格は15万2496円から。

 一方のiPad Proは、Wi-Fiモデルが10万2384円(税込)から。Apple Pencilは1万2744円(税込)で、Smart Keyboardはチャコールグレイで2万1384円(税込)です。ペンとカバーと本体を合わせると、最低価格は13万6512円からです。

「iPad Pro」と「Surface Pro 4」、気になるのはどっち?

iPad Pro

iPad Pro

87
87 47

Surface Pro 4

Surface Pro 4

47


Surface Pro 4 flextom
やっぱりこっちだな。

Surface Pro 4 Kazuya Nakamura
iPad Proはなにしていいのかよくわからない。

iPad Pro Keiji Yamada
ちょっと揺れてるけど、、、

Surface Pro 4 TakashiSasaki
正直iOS系には飽きた。コンテンツを消費するデバイスとしては良いんだけど。何かを作り出すためのデバイスじゃないから。

iPad Pro Hitoshi Tanaka
両方とも実機に触ってきました。

iPad Pro s-osaki
iPad Proは新しいジャンルの製品。どのように使いこなせるか興味があります。Surfaceは基本的にタブレットのようなウインドウズPCなので、特に興味は感じません。

iPad Pro shinsakuns
断然iPad Pro

iPad Pro 眞谷川
Macと連携して使えるから。MSOfficeは持っているがそんなに使っていないので、iWorksで間に合っている。

iPad Pro sysysysysysysys
windows いらない

iPad Pro Mitsuhiro Taniguchi
タブレットを使うという場合であれば、勿論、iPad Proでしょうね♪ 

私はこっち 私はこっち

iPad Pro

Surface Pro 4

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]