logo

家庭用ロボット、欲しいのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは8月6日、ファミリー向け知能ロボット「Jibo」を開発する米Jiboに出資したことを発表しました。同社が日本に進出する際に、ビジネス開発やマーケティング、ローカライズなどの幅広い支援をするとしています。米国のクラウドファンディングサイト「indiegogo」での価格は749ドル。

 Jibo (ジーボ) は、抽象的な型でありながら、ディスプレイ上の豊かな表現や動作によって、まるで生きているかのように動く家族向けの知能ロボット。人工知能によって持ち主の感情を理解し、学習します。2つの内蔵カメラによって人の顔を追跡し、写真を撮ったり、ビデオ通話をしたりできるほか、ハンズフリースピーカーで、リマインダーやメッセージを読み上げてくれます。

 一方、日本では同じく携帯電話キャリアのソフトバンクが、感情認識するヒト型ロボ「Pepper」を、6月から一般販売しています。本体価格は税別19万8000円ですが、月額費用が約2万5000円かかります。なお、6月分と7月分のそれぞれ1000台は販売開始からわずか1分で売り切れました。

 日本でのJiboの販売時期は明らかになっていませんが、KDDIのJiboとソフトバンクのPepper、あなたが欲しいのはどっち?

欲しいのはどっち?

Jibo

Jibo

27
27 17

Pepper

Pepper

17


Pepper hatohato_01
ペパ様~

Pepper Tom s
断然こっち

Jibo Jun Okuno
どちらも欲しくない。

Jibo
小さくて可愛いじゃないですか

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]