iPhone 6とiPhone 6 Plus、選ぶならどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは9月10日(日本時間)、新たなiPhoneとして2モデルを発表しました。事前の噂どおり画面は大型化し、4.7インチ(1334×750)326ppiのRetina HDディスプレイを搭載した「iPhone 6」と、さらに大きく5.5インチ(1920×1080)401ppiを搭載した「iPhone 6 Plus」がラインアップ。いずれのモデルにもようやく128Gバイトモデルが登場しています。

 もっとも大きな違いはやはり画面サイズです。それに伴い、重さはiPhone 6 Plusが172g、iPhone 6は129gで43gの差があります。ただし大きい分、iPhone 6 Plusはバッテリの駆動時間が長いメリットがあります。このほか、カメラ機能に光学式手ぶれ補正の有無といった違いがあるようです。

 持ちやすさから従来通りのコンパクトさを求める声もある一方で、さらなる大画面を求める声もありました。いよいよ登場した大画面の新iPhone、選ぶならどっち?

 なお、カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色で、容量は16Gバイト、64Gバイト、128Gバイトです。選びたいカラーや容量などもあわせてコメントいただけると幸いです。

iPhone 6 Plus

iPhone 6

137
137 214

iPhone 6

iPhone 6 Plus

214


iPhone 6 Plus ひらまいる
カメラ機能等を見ても6plusでしょう。

iPhone 6 Plus koishi_^o^/
大は小を兼ねます。 手でかいしね~

iPhone 6 Plus mzch
片手で操作することがないことと、大画面の見やすさを優先するので

iPhone 6 Plus ヒゲロー
ヘッドセットとこれでipodtouchとガラケー持ちを卒業。通常、携帯は鞄の中、電話するときはsiri。ゲームやメモ、スケジュール管理はペンタブレット使用。こんな感じで、運転中や作業を止めたくないときとじっくり使いたいときにメリハリがつけられるかも。

iPhone 6
6 Plus を使っている(特に電話している)姿は、学芸会の小道具を持っているように見えます。ごめん。

iPhone 6 dahara3gs
電車の中で片手で使いたいから。

iPhone 6 Plus tk_elektronika
昨日、予約してきた。

iPhone 6 Plus Yukihiko Shima
この大きさが良い!MacBookを持ちださなくて用が済むからだ。 共有ファイル、写真、などもこのSizeで閲覧プレゼンが出来る。ヘルムート・ニュートン、ハンスヒューラーのポートフォリオを昔見せていただいた時にポストカードサイズに驚かされた!ジャケットのポケットから取り出しし、スマートプレゼン。今は、iPhone 6 Plus!

iPhone 6 高橋政勝
最初はPLUSを考えていましたが、実機をみると大きさが気になりました。普段持ち歩くには私は大きすぎると判断しました。片手操作も重要なので、6を購入。サイズ感は最高で、とても手にフィットします。バッテリー持ちもまずまずではないでしょうか

iPhone 6 Plus Masato66
128G,Black Model

私はこっち 私はこっち

iPhone 6

iPhone 6 Plus

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]