logo

病院での携帯・スマホ使用はアリ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電波環境協議会が、携帯電話やスマートフォンを使用する際の新たな指針を公表しました。これまで医療機関では、携帯電話の電波により医療機器が誤作動を起こす可能性があるとして、その使用を禁止するケースもありましたが、新たな指針では基本的に「携帯電話の使用を禁止しない」という方針をとっています。

 指針では、病院などで携帯電話を使用する際には、医用電気機器から一定の離隔距離をとるよう求め、医用電気機器の電磁両立性に関する国際規格などを参考に「1メートル程度」を目安にできると説明。待合室や廊下、病室などのエリアごとにルールを定めるよう、医療機関に呼びかけています。

 同協議会では、医療機関における携帯電話などの無線通信機器の積極的活用は、医療の高度化・効率化や、患者の利便性・生活の質に大きな効果が見込るため、安全を確保しつつ推進を図ることが非常に重要だとしています。

 今後、これまで「携帯電話は禁止」としていた医療機関でも、それを緩和する新たなルール作りが進みそうです。

 電波環境協議会の指針案に対して寄せられた意見の中には、電波の身体への影響の不安などから、携帯電話使用の緩和に反対するものもありました。あなたは今回の指針に賛成ですか、それとも反対ですか。

病院での携帯・スマホ使用は?

賛成

賛成

22
22 3

反対

反対

3


賛成 kaoru sekiwa
院内において、外部電波の影響が考えられる施設・設備・機器等の防磁・耐磁処理はここ10年で飛躍的に向上しており、また、電子カルテシステムなどの利用のために、建物内に無線LANシステムを構築しているなどの例を鑑み、現状では問題無いと考えている。

賛成
医療機器への影響がないことが確認されたのであれば、音の出ない形での 利用は良いと思います。医療情報などをタイムリーに収集したいというニーズ もあるでしょうし、ただ待っているだけの時間はもったいないですね。

賛成 as_nyadeko
病院での携帯電話使用が危険であるという根拠が ないと示されているのであれば, 反対する理由はないのでは. 一方で,携帯の電波が医療機器に干渉するという考えは一般的なので, まずは安全だということを浸透させる時間が必要だし, 安全と言われても納得できない気持ちの問題は残るのでしょう. 電磁波は目に見えないこともあり, 不安がる患者さんの多くに 「なぜ大丈夫と言えるのか」を説いて 納得させる難しさは付きまといますね.

賛成 くりにゃー
院内はかなりヒマなので、外からの情報が必要。コインテレビは意外とお金がかかるので、スマートフォンでのネット利用は入院には適しています。

賛成 clew_color
 

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]