logo

日本メーカーのスマホ事業撤退は相次ぐ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本の携帯電話メーカーが苦境に立たされています。NECは7月31日、スマートフォン事業から撤退することを発表しました。フィーチャーフォンの時代にはトップシェアを誇っていた同社ですが、スマートフォンでは海外メーカーを中心とした他社にシェアを奪われ、さらにドコモが打ち出した“ツートップ戦略”の影響で、販売数も伸び悩んでいると言われていました。

 その他の国内メーカーも苦戦しています。パナソニックは同日の決算会見でスマートフォン事業について「厳しい状況」と語っており、今後は独自の強みを出すことで差別化を図るとしています。苦戦する国内メーカーですが、今度もスマートフォン事業の撤退や統合は続くのでしょうか。

日本メーカーのスマホ事業撤退は

相次ぐ

相次ぐ

92
92 8

続かない

続かない

8


相次ぐ HirofumiTani
2社くらいに集約されるかもしれませんね!

相次ぐ yonretu
まあ、パナソニックは時間の問題・・・

相次ぐ Koshiro Tani
薄利多売でメーカーとしてはやっていけないと思います。コンテンツやら収益源を別で持ってないと中国メーカーには価格で勝てないと思います。

相次ぐ kazphone
メーカーのブランド&製品に魅力が感じられない。

相次ぐ _p_e_n_g_u_i_n_
ドコモ次第だと思う・・・ (*´ω`*)

相次ぐ murajyuu1
 スマートフォンと言うよりWifi端末としての展開を企業向けに考えて やればと思う。  

相次ぐ yuto124
キャリアに依存した状態から脱出しなければ明日は無い. SIMロックは初期状態でフリーで有るべき. 端末メーカーのアプリは独自色と特徴を最大限に引き出すために必要だけれども キャリアのテザリングアプリ等は要らないのでは

相次ぐ twingogogo
ドコモ主導の製品戦略ではメーカーのメリットない。 出資メーカーをもっと大事にしろよ! でも無理だろうな〜・・・

相次ぐ KvKenji_S
機械ではなく、新しい快適な生活を売って欲しいのだ。かつて貿易摩擦があり、アメリカで日本車がたたき壊された。しかし、電器メーカーの方々はスマホ撤退で仕事を失ってもiPhoneをたたき壊すことはないだろう。原因は別のところにある。

相次ぐ fuhito
撤退するメーカーが続くと考えます。 LTEの時代になってSIMロックをフリーにするキャリアが現れると思いましたが、残念ながら変わらず、メーカーに多くの開発費と狭い市場で闘うしかない負担を強いている限り世界の市場で闘っている海外メーカーには太刀打ちできない。

私はこっち 私はこっち

相次ぐ

続かない

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]