logo

「Surface RT」が日本上陸--買う?それとも見送る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ日本にマイクロソフトのタブレット端末「Surface」が上陸します。日本マイクロソフトは3月1日、10.6型のタブレット「Surface RT」を3月15日に発売すると発表しました。価格は32Gバイトモデルが4万9800円、64Gバイトモデルが5万7800円となります。

 Surface RTは、Windows 8の簡易版である「Windows RT」を搭載したタブレット。「Office 2013 RT」を標準搭載しており、WordやExcel、PowerPointを利用できます。さらに、キーボードを備えた「Touch Cover」を装着することで、タブレットでありながらノートPCのような使い方も可能です。ただし、現状では既存のWindows PC向けのアプリには非対応となっています。

 マイクロソフト初の自社ブランド端末となるSurface RT。あなたは購入しますか、それとも見送りますか?国内では「iPad」や「Nexus 7」が販売されており、3月にはアマゾンが「Kindle Fire HD 8.9」を発売します。また、米国ではすでに上位モデルとなる「Surface Pro」も登場しています。見送る場合は、どの端末の購入を検討しますか?コメントで教えてください。

Surface RTを購入する?

見送る

購入する

15
15 80

購入する

見送る

80


見送る
タブレットとしては重すぎるので持ち運ぶのは辛い。 仕事で使うのであれば、軽めのNote PCか従来のタブレットを選ぶ。 パワポを出先でちょこっと修正可能デス、とかかなり苦しいセールストーク。 売る方も苦労しているんじゃない?

見送る
高い・タッチパネルは不要・Windows8も不要・クラウド前提の使用は不可

見送る 茅ケ崎マック
iPad の二番煎じ。

見送る シーマスター
Windows8じゃないので

購入する 石澤知広
購入したい。

見送る
Pro待ち

見送る
Officeが入って価格的に魅力的であったのでSurfaceを購入するつもりでいたが WindowsRTはマクロが使えないので諦めた。 SurfaceProを早く発売して欲しい。

見送る
私が要求するスペックには物足りない。タブレット的使い方には他のタブレットで十分。筆圧ペンも使えて、フォトショップが軽く動くくらいなスペックで、安ければ買ってもいい。

見送る MIT2012
Surface Pro を待ちます。

購入する kazu_kuwata
機能やアプリに制約はあるものの、それでもビジネスユーザーにはメリットがあるとおもいます。 ただし、今後のOS自体のアップグレードバスやハードスペックの向上サイクルについてマイクロソフトの強いコミットがないと消費者は手を出しづらいのも事実かと思います。

私はこっち 私はこっち

購入する

見送る

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]