医薬品のネット販売、あなたは賛成?それとも反対?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケンコーコムとウェルネットが起こした一般用医薬品のネット販売規制に関する行政訴訟について、最高裁判所は1月11日、国(厚生労働省)の上告を棄却し、ネット販売を認める判決を下しました。

 これまでは、2009年6月に施行された改正薬事法の「薬事法施行規則等の一部を改正する省令」によって、副作用の恐れがある第1類、第2類の医薬品のネット販売は原則禁止され、ビタミン剤や整腸剤など第3類のみがネットで販売可能となっていました。

 一般用医薬品のネット販売を認める判決について、あなたは賛成ですか?それとも反対ですか?

医薬品のネット販売どう思う?

賛成

賛成

79
79 9

反対

反対

9


賛成 墓場の詩人
どこの薬局に行っても頼りない薬剤師ばかり。これでは医薬品を薬局で売る意味は全くない。

反対 oldpa
反対です。

反対 有吉 俊二
医薬品は一般食品とちがうのです。

賛成
厚生労働省の省令で一類医薬品の販売を店頭販売のみに規制したところで、 薬店に行けば常に買えるという状況にはなく、機会の喪失でしかなかった。 まあそもそもとして、薬店で一類買うとしたところで、「継続だから」って言ったら (実際には継続でなかったとしても)薬剤師は別に説明などしないし、意味はない。 ごくごく少数の自殺志願者のために多数の消費者の利便性が失われるのは間違っている。

賛成 Ka28
問答無用。 人を跳ねるドライバーもいるからって車を売ってはならないのと 同じじゃないかと。

反対 IndustrialHeart
原則賛成。選択肢が増えるのは利便性の向上につながるから。ただし、現在都道府県ごとの規制のおかげで、小さな薬局が日本全国にあまねく点在し薬剤師の職があり薬科大学が存続し日本の薬の研究が進められている。もし何の制限も受けないネット販売が解禁された結果このシステムが破壊されれば、薬剤師人口が縮小し薬科大学が淘汰されたとすれば、最終的に損をするのは私達だろう。そうならないよう上手に規制緩和して利便性を向上させながら、違法でない形の規制を課して多様な選択肢を維持させるようなバランスが必要では? だから無策のままの全面開放は反対。

賛成 hiroimr
対面販売といいながら、薬剤師が出てくることはほとんどない、ドラッグストアでの購入よりも、適正に情報提供されたインターネットでの販売の方がよほど安全。特にショッピングセンターなどの店舗では、薬剤師の姿も見ないまま、第一種でも買えてしまう現状を国はどう考えているのでしょうか。

賛成 bogus
賛成です

賛成 kazu0kazu
賛成

賛成 nada_mikage
いたずらにリスクを恐れる規制強化は容認できない。むしろ、利用者の責任意識を高める方策を追求すべき。

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]