logo

医薬品のネット販売、あなたは賛成?それとも反対?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケンコーコムとウェルネットが起こした一般用医薬品のネット販売規制に関する行政訴訟について、最高裁判所は1月11日、国(厚生労働省)の上告を棄却し、ネット販売を認める判決を下しました。

 これまでは、2009年6月に施行された改正薬事法の「薬事法施行規則等の一部を改正する省令」によって、副作用の恐れがある第1類、第2類の医薬品のネット販売は原則禁止され、ビタミン剤や整腸剤など第3類のみがネットで販売可能となっていました。

 一般用医薬品のネット販売を認める判決について、あなたは賛成ですか?それとも反対ですか?

医薬品のネット販売どう思う?

賛成

賛成

79
79 9

反対

反対

9


賛成
現状ではどちらも同じであり、容量用法の説明は口頭か視覚的ものでどちらでも販売側の説明責任は果たせると思う。 どちらで購入しても結局は「自己責任」でしかない。

賛成 Funky
便利だし、時代のながれである。 事故は自己責任であるべし。

反対
医薬品販売にはある程度の規制が必要だと思うのですが。(野放図に売っちゃまずいのもあるでしょうし。)医薬品のネット販売規制がネット全体の規制につながりそうなのが嫌ですね。 また、都会はいいのでしょうが、ネットに押されてリアル店舗がどんどんなくなっていくのは、病人にっとってはかなり不便。

反対 STRAKER
薬の副作用を甘く見てはいけないと思います。 ただでも、規制を甘くして、要注意の薬が一般の薬屋で販売されています。

賛成 WonderBoy
市販の薬なら使用方さえ守ればネット販売でも問題無いと思います。 薬局で購入しても、一般的にはどれが良いですよ程度のアドバイスですし、効能・副作用の情報がほしければネットで十分なものは手に入れることができます。

賛成 s-osaki
自己責任をまっとうできない人間の存在を認めることが社会のためになるのかどうか。生きて行く上で様々なリスクというものは避けられず、それらを適切にさばいていけるスキルが社会人には必須。もちろん合理的判断でリスク対策を講じれないケースはたくさんあるが、そういう件は「賭け」が必要になる。それが現実。社会というのはどこまで行っても不完全なものだ。人間が不完全だから。それが良いことだとは思わないが、従来バランスに欠陥があるのなら、新しい施策でそのバランスに悪影響が出るのだとしても、それに対して消極的な方が良いとは思わない。常に不完全さを意識しつつ改善を続ければ良いと思う。

賛成 mur1956
薬局で相談した事も無いし、聞いてもリベートの高い方を進められるのがおちですからね。副作用の注意なんて受けた事も無いし。もともとこの省令は、既得権益の保護としか考えられないものなので廃止に成って当然だと思いますが。

賛成 nagata
sansei

賛成 ちゃだ☆
賛成

賛成 梁山泊
賛成。

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]