logo

夏の節電対策--バッテリ搭載テレビと扇風機、気になるのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスや家庭内で「節電」の動きが高まる中、東芝は6月15日、バッテリで3時間の視聴に対応する「レグザ」を国内向けに発表しました。電力需要が比較的少ないとされる夜の時間帯を利用した「夜間充電モード」も備えています。また、5月にはフォースメディアが充電池内蔵の扇風機を発表。風量が「強」なら約4時間、「弱」なら約6時間の運転が可能で、電力ピーク時の節電対策にもなりそうです。地デジ移行に伴ってテレビは既に購入済みの方も多いと思いますが、この一方で今年は扇風機がかなり売れているそうです。効果のほども含めて、テレビと扇風機、この夏の節電や停電対策として注目したいのはどっち?

「レグザ 19P2」 FM-BF16D

「レグザ 19P2」

7
7 7

「レグザ 19P2」 FM-BF16D

FM-BF16D

7


FM-BF16D koba2106
実用的

FM-BF16D s-osaki
テレビは消せばいいんですよ。

「レグザ 19P2」
この方針にとても賛同。あとは大画面テレビ対応と、タイマーによるピークシフトの自動切換(既にあるのかな?)とか進化していくとはやりそうですね。

FM-BF16D
テレビをあまりみない。

「レグザ 19P2」 ひざっち
モノとして面白そうなのでこっち。

「レグザ 19P2」 buffalo
停電時だけではなく、通常時のときも、夜間充電して、日中そのバッテリーで、視聴出来たらいいのではないでしょうか。

FM-BF16D CLICK
TVはケータイのワンセグで代用がききますが、暑い時にウチワじゃ片手がふさがってしまうので。

FM-BF16D CLICK
TVHA

「レグザ 19P2」 WAN
やはり情報収集にもこっち、もちろんその次に扇風機も重要

「レグザ 19P2」 おれおれ
節電効果はテレビのほうが高そうだ

私はこっち 私はこっち

「レグザ 19P2」

FM-BF16D

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

-PR-企画特集