12月10日同時発売の電子書籍端末、「Reader」と「GALAPAGOS」、気になるのはどっち?

12月10日、ソニーとシャープから電子書籍端末が発売されます。ソニーの「Reader」は、電子ペーパーを採用。電子ブックストア「Reader Store」の詳細はまだ発表されていませんが、電子ペーパーの特性を生かして「本好きのためのサービス」を目指し、書籍を中心としたラインアップを拡充するようです。シャープは、電子ブックストアサービスに最適化したGALAPAGOSブランドのタブレット端末です。書籍に加えてビジネス雑誌や新聞などを充実させた電子ブックストアサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」がスタートします。いよいよ国内でも本格的に電子書籍事業が始まろうとしています。さて、ReaderとGALAPAGOS、気になるのはどっち?

Reader

Reader

20
20 16

GALAPAGOS

GALAPAGOS

16


Reader cnetj
電子ペーパーが見やすそうだし、「ガラパゴス」という言葉のイメージや語感がどうしても好きになれない

Reader
ReaderそのものとiPad向けReaderStoreアプリを組み合わせれば不満ないと思う。GALAPAGOSもiOS/Androidアプリだけ供給してe-ink端末をリリースすべきであった。

Reader
Gのカラーはイイのかもしれないが、電池の持ちが短すぎる。それであれば、電子書籍に特化したReaderに期待している。軽いし、ちょうどいい大きさ。

GALAPAGOS
通信機能は必須ですよ

GALAPAGOS ret6
GALAPAGOSは雑誌、新聞にも対応している、映像等のコンテンツも増える予定。 カラーで楽しめるので今後に期待が持てる。 Readerは予定していないようだが白黒だと、もし対応してもどうだろうか?

Reader
軽い点と目の疲れなさでこっちです

GALAPAGOS goto720
ReaderにはWi-Fiも3Gも無いので、PC上で購入した書籍データを端末にコピーするという“手間”が必要。 GALAPAGOSはPCが無くても使える

GALAPAGOS
新聞、雑誌の自動配信をしてくれるのは大きいと思う。あと、Readerよりマルチに遊べそう

GALAPAGOS
外出先で繋がるので1票

GALAPAGOS まなか
単行本などは最近あまり読まないので、印刷媒体の置き換えデバイスでは満足できず。

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]