logo

風邪薬など大衆薬のネット販売が規制へ、あなたは賛成?それとも反対?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月1日から完全施行される改正薬事法では、薬局などで販売されている大衆薬の通信販売が規制されます。副作用の恐れがある第1類、第2類の通信販売が原則禁止され、ビタミン剤や整腸剤などの第3類のみが通信販売できるようになります。販売時に対面での説明を求める措置ですが、ユーザーの利便性を損なうなどの批判もあります。あなたはこの措置に賛成ですか?それとも反対ですか?

通信販売の規制に

反対

賛成

55
55 161

賛成

反対

161


反対
劇毒物を買う訳でもないのに規制とは薬局を過保護にしている。近くに宅配してくれるような薬局も無いし困る人の方が多いような気もします。

反対 wittyone
今は個人が自由に納得出来るまで検索出来るのがネットの良さです。規制前に正しい情報を公開させる事の方が先決です。対面販売だけでの情報量は限界があります。処方箋にも発行NO等で責任の所在が必要。

反対 JunBass
対面販売は本人が行かなくては意味がないのでは?使用方法を間違えると危険と言うのであれば、そういう薬は全て医師に処方箋を発行してもらうようにすれば良い。

反対 HIMS
薬剤師とか管理者が不在と窓口に張り紙してあるのに棚置きする薬品を確認無く売る薬局がデフォだからなぁ・・・

反対 Kou-chan
今回規制対象になった薬品は一般的に薬害の影響が非常に少ないと言われる種別であり、規制を行う意図との整合性が取れていない。

反対 daijun
大きな薬局で薬を買う時、普通に取ってレジ行けば買える今、同じ事では?

反対 mjm
国民を過保護にしている。子供扱いだ。自己責任を求め、大人扱いしてほしい。

賛成
薬の安全使用の観点から

反対
飲み方を間違える危険は薬局で買っても同じ。結局買う人が気をつけるしかない。ネットが嫌いなら自分で使わなければいいだけなのに、他人の選択の余地をなくそうとする考え方が理解できない。

反対 Toyolina
通販を規制し、既存対面販売を優遇。結果としてコンビニが儲かるだけなのでは。

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]