logo

風邪薬など大衆薬のネット販売が規制へ、あなたは賛成?それとも反対?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月1日から完全施行される改正薬事法では、薬局などで販売されている大衆薬の通信販売が規制されます。副作用の恐れがある第1類、第2類の通信販売が原則禁止され、ビタミン剤や整腸剤などの第3類のみが通信販売できるようになります。販売時に対面での説明を求める措置ですが、ユーザーの利便性を損なうなどの批判もあります。あなたはこの措置に賛成ですか?それとも反対ですか?

通信販売の規制に

反対

賛成

55
55 161

賛成

反対

161


反対 極楽蜻蛉
ネットから買うのも、店頭で買うのも個人の自由でしょう。ネットから購入したくないからと言って禁止しろというのはいかがなものかと。

賛成 Doel317
家庭用の常備薬など、買い置きできるのには?メリットがあるのでは

賛成 hondaru2004
ほとんど影響が無いといわれていた第三類でも死人が出ています。売りっぱなしではなく、ある程度専門家(気がついて助言することのできる人)のモニタリングは必要ではないでしょうか。

反対
反対っすわ

反対
基準や方法が納得できない。今までフツーに購入してた薬が買えなくなって不便です。もっとクレバーな対策案が打てないものか。

反対 ショウゴン
なんでもかんでも規制するのはどうかと・・・

賛成 Guts-tk
業界は何故薬の通信販売が駄目になったのかを考えるべき。一部の心ない業者によって規制をかけざるをえない状況になったのであるが、業界内部からの浄化案は出てこなかった。自らの姿勢を正すべき。

反対 Kou-chan
全てを規制対象にするのではなく、何か基準を設け一部製品だけに制限を設ける等、明確・納得できる規制があれば良かった。

反対 kurobe777
単にあの改正は既得権益を守るためのものにしか思えない。医師の処方箋という防御線があるのだかあらそれで十分。発毛剤を薬局で購入して説明を受けたことなどないという現状を考えると、ネット規制、筋が通らない

反対 かむかむ
ただ単に規制!というのではなく、条件付きの規制にすべき。体が不自由な人に、薬の通販程ありがたい物はない。

一度投稿されたコメントを変更することはできません。
朝日インタラクティブの判断によりコメントを削除する場合があります。
ここで投稿されたコメントの内容について朝日インタラクティブは一切の責任を負うものではありません。
コメントがうまく投稿できないなどの問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]