お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

株式会社クロゼン

弊社、株式会社クロゼンは、嘉永元年(1848年)創業の黒田栄次郎商店(現、黒田機器株式会社)から昭和25年に独立し、翌昭和26年に設立致しました。黒田栄次郎商店は、明治初期より欧米の工業製品や工具類を輸入し国内に販売を始めました。
その一方、大正時代に入ると工場も持ち、輸入製品の内製化を進め、軸受けのYKSプランマーブロックの製造を開始し独自ブランドを発展させて参りました。第二次世界大戦時には、ボール盤の製造にも着手しその完成度の高さは、専門メーカーも脱帽するほどだったようです。
戦後の一応の安定を見て、現会長、黒田善七郎がこれからのビジネス展開を思考し、技術商社を目指し株式会社クロゼンとして独立した訳であります。
弊社は、埼玉県の南端、川口市に本社を置き、関東甲信越2000社のお得意様に、5箇所の事業所から毎日営業活動を展開しており、モーターを始めとする駆動機器、その動力を伝達するプーリーや歯車・ベルト・カップリング等の伝動要品、それらを制御する電気制御機器、回転ベアリングや直動機器、油圧空圧機器等々、およそ機械設備にかかわるありとあらゆる生産財を供給しております。
私共クロゼンは、常に「親切」「丁寧」「真心」「正確」「迅速」をモットーに企業経営に当たって参りました。そして、これからも、常に新しい技術・情報を取り入れ、日本の製造業の発展に寄与する為、革新的な販売事業を展開します。また、たえず市場の要請を先取りし、新製品のPRと顧客満足度の向上を通じ、社会に貢献し続けます。