お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Boston Circuits Asia

組込みマルチメディア機器向けマルチコアプロセッサ「gCOREプロセッサ」を開発・提供する半導体メーカ。第一世代では12個の32ビットRISCコア及び標準周辺回路をGrid on Chipと呼ばれるオンチップネットワークにて内部接続、PCやサーバークラスのCPUパフォーマンスを要求するマルチメディア機器へ組込みレベルの消費電力、コストで提供。Grid on Chipに並び特徴となる「Time Machine」といわれるスレッド・リソースマネージメントユニットをハードにて内蔵することにより、これまで問題視されていたマルチコアプロセッサでのソフトウエア開発の複雑化という問題を解消し、Easy of Useを実現すると共に、既存のアプリケーションの動作も可能にした。

プレスリリース

Boston Circuits Asiaのプレスリリース一覧へ

イベント情報

  • マイクロプロセッサフォーラム ジャパン2007

    最先端のマイクロプロセッサ技術や組み込みプロセッサ技術、画像処理プロセッサ技術に関する情報を発信します。海外大手プロセッサメーカーの最新プロセッサ...

    情報掲載日:2007年6月15日
Boston Circuits Asiaのイベント情報一覧へ