お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

中国のマイクロブログプロモ

2010/06/25 16:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

祖 興傑

中国向けのウェブマーケティング、ウェブ制作情報とノウハウを中国人目線で現地から発信していきます。 Follow me http://www.twitter.com/chinawebby
ブログ管理

最近のエントリー

Twitterのプロモーション事例は贅言しなくても、色々と紹介されていますが、中国側のマイクロブログプロモーション事例を紹介させていただきたいです。

2010年中国最もホットなマイクロブログサービスと言えば、新浪傘下「囲脖」(中国語名)になります。中国フォード、中国Dell、vanclなどの中国企業もそちらを利用し始めました。以下は中国フォードの事例です。

■目的:
2009年の広州モーターショーに合わせて自社製品の認知度を拡大させるため。

■実施期間:
2009年11月18日〜11月30日

■成果:

フォロー者7000人(現在は21165人) コメント4088件 転載1943回 pv数100万回

■仕組み
ステップ1:フォロー者にプレゼント。
(フォロー者を増やすため)
ステップ2:フォロー者を対象としたコンテスト
(写真部と記事部に分かれていますが、写真と記事の投稿を促す)
ステップ3:コメント賞と景品付きQ&A
(コメントを促す、人気維持)

イベントとしてそこそこ成功しているですが、中国国内においては先駆けのチャレンジという位置づけになりますから、China-Webbyに事例として引用されているように、イベント終了後の反響も大きかったです。

プロモーションする媒体として、マイクロブログは中国国内では以下の点で評判になっています。

  • 1.情報の発信が便利
  • 2.バイラルと連動するプロモに向いている
  • 3.インタラクティブな双方向なコミュニケーションができる
  • 4.コストが比較的に低い
  • 5.有名人との相性がいい、効果拡大しやすい
  • 6.企業のイメージ形成、人格形成に向いている
  • 7.取引以上の顧客関係を構築できる

以上はいいところですが、一般論ではマイクロブログのプロモ応用はリスク管理、成果評価などの面も疑問視されています。フォード事例から見ると、反省点としてはバイラル企画と連動しなかったこと、有名人を起用しなかったこと、発言を擬人化しなかったことなどが挙げられます、でないと一層効果が出るはずです。

フォードマイクロブログ事例

イベントサイト(中国語)

オフィシャルアカウント(中国語)

----------------------------------------
中国ウェブマーケティング情報専門サイト
中国現地ウェブ関連サービス(中国語)
----------------------------------------

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー