お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「炎上」が目的の中国口コミプロモ

2009/12/17 11:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

祖 興傑

中国向けのウェブマーケティング、ウェブ制作情報とノウハウを中国人目線で現地から発信していきます。 Follow me http://www.twitter.com/chinawebby
ブログ管理

最近のエントリー

タイトルはすごいですが、実際にやっていることも過激かもしれません。

「炎上」が目的のバズプロモーション

悪い情報の伝達スピードは良い情報の10倍、企業のブランドイメージ管理もある意味マイナス情報の管理と同じです。日本企業が口コミプロモを恐れているのもわかります。しかし中国に来れば、状況はかわるかもしれません。特にソニーエリクソン社が行っている「炎上」をさせるのを目的とするバズプロモーションは目を見張るものです。後世論の誘導とコントロールも見所になります。

2次ブレイク型とは?

業界内で2次ブレイク型と呼ばれています。仕組みは簡単にいうと、こうです。 * 話題の企画 * BBSへの投稿 * BBSトップで推薦 * ユーザーを巻き込んで連動(炎上させる) * ニューストピックにする(事件として取り上げ) * さらなる広範囲の口コミを狙う 一次ブレイクはBBSに投稿された記事が炎上することです。二次ブレイクは事件として取り上げより広範囲で議論させることです。 はい、以上で2回ブレイクです!! 全体的に日本では考えにくい手法ですが、中国で実績を出しています。ある程度両国の国民性も影響しているかもしれません。これからの中国にもいろいろ「事件」が増えそうな予感です。 下記は成功とされている案件の事例です。 ------------------------------------ 実例に興味のある方はこちら (ソニーエリクソンの携帯で北欧美女を撮影した写真の真偽事件) 後口コミを造成ための仕組みとサイト分析はこちら (地下鉄謎男事件) ------------------------------------

----------------------------------------
中国ウェブマーケティング情報専門サイト
中国現地ウェブ関連サービス(中国語)
----------------------------------------

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー