お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

中国のSUVブームに乗らないですか?マツダ

2009/10/12 14:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

祖 興傑

中国向けのウェブマーケティング、ウェブ制作情報とノウハウを中国人目線で現地から発信していきます。 Follow me http://www.twitter.com/chinawebby
ブログ管理

最近のエントリー

2009年10月9日、マツダ(中国)企業管理有限公司は、9月のマツダ中国市場における販売台数を発表した。
9月販売台数は1万6175台、前年同期比65%増加、また今年1月―9月の累計販売量が12万2476台、前年同期比31%増加した。
なお、中国第一汽車集団、一汽乗用車有限公司との合弁企業、一汽マツダの9月販売台数は9210台、前年同期比47%増加した。一汽マツダの売れ筋は、Mazda6(日本名:マツダ・アテンザ)。
また、長安マツダの9月の販売台数は6965台、前年同期比98%増加し、売れ筋商品はMazda2(日本名:マツダ・デミオ)、 Mazda3(日本名:マツダ・アクセラ)とのこと。


(China Press 2009:KW)

マツダは好調のようです。

一足早く中国産を実現したCRV(ホンダ)、RAV4(トヨタ)、Highlander(トヨタ)は飛ぶように売れている中国ですが、車消費者構造の若年化はSUVのブームを巻き起こしています。上記車種は追加費用(通常10万〜20万円)を余分に出さないと、入手しにくい状態です。

いよいよ来月マツダのCX-7も中国で輸入販売を開始しますが、ネット上の評判を見ると、アメリカでの実績もあって、かなり期待されているようです。しかし関税を入れて400万円〜の値段は。。。 どんな企業状況なのかわからないですが、SUVのジャンルでトヨタとホンダを抜くチャンスだけに、CX-7を中国に持ってくる決断はお早めに!

----------------------------------------
中国ウェブマーケティング情報専門サイト
中国現地ウェブ関連サービス(中国語)
----------------------------------------

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー