お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

2008年中国検索エンジン市場の変動

2008/09/19 12:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

祖 興傑

中国向けのウェブマーケティング、ウェブ制作情報とノウハウを中国人目線で現地から発信していきます。 Follow me http://www.twitter.com/chinawebby
ブログ管理

最近のエントリー

北京正望の統計データによると、yahoo中国(雅虎)はついに4位に後退、トップ3に入れなかったです。代わりに3位につけたのは大手ポータルサイト捜狐傘下の検索エンジン「捜狗」です。

今回の調査は北京、上海、广州など中国経済の中心地のほかに、大连、天津、青岛、南京、杭州、厦门、深圳、7つ経済が比較的に発展している地域、石家庄、郑州、武汉、长沙4つ中部地方の省都と西部の重鎮、重庆、成都、西安をターゲットにしています。

面白い事実は経済中心地→経済発展地域→中西部地方中心地の順番で、百度のシェアーが拡大して行きます。経済発
展している地域では、Googleに対しての評判はよくなったものの、やっはり情報リテラシ、教育のレベルの高くない経済後進地域では、百度は圧勝です。
Google中国は中国でシェアーを拡大してには中国人の感覚にあうローカライズされたサービスが必要です。

下図は北京、上海、広州の統計データです。

 

----------------------------------------
中国ウェブマーケティング情報専門サイト
中国現地ウェブ関連サービス(中国語)
----------------------------------------

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー