お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

納得できる仕事をするために

2013/12/22 23:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は、DevLOVE Advent Calendar 2013 「現場」 の43日目の記事です。前日は kurobara さんでした。

自己紹介:
羽山 祥樹(@storywriter)と申します。インフォメーションアーキテクトとして、ユーザーの目線でウェブサイトをつくる仕事をしています。仕事の半分はユーザーエクスペリエンスの業務です。残りの半分は、ウェブサイトのシステム運用や、実際にコードを書いています。

ずっと昔の、まだバイト時代の、現場の話。
僕はある会社の社内制作部門で、その会社のウェブサイトを作成していた。

ある日、上司が、焦った表情でやってきた。

「XXX(当時の人気検索サイト)で、うちの社名が1位じゃない。すぐに1位にしてほしい」

聞くと、社長が、自社名をXXXで検索してみたところ、1位でなかったので、怒っているという。

僕は答えた。

「検索順位は、先方のロジックで決まるものです。すぐにどうにかなるものではありません。
ウェブサイトの順位を上げたいのであれば、サイトをしっかり作り込んでいくのが本筋です」

対策は、無いでもなかった。
当時の検索エンジンは、いわゆる「スパム」行為が効いた。
例えば、キーワードを、背景色と同じ文字色で、余白にびっちり埋め込む。

当時は、そういった「スパム」行為をしている会社はいくつもあった。
ただ、ウェブサイトの中身を良くするわけでもなく、ユーザーが気がついたとき、がっかりするような方法を採用してよいのだろうか。

僕には、それが良いとは、思えなかった。何より現場の制作者として、プライドが傷ついた。
僕は言った。

「スパムではなく、しっかりとしたウェブサイトをつくることを考えるべきです。
社長に、ちゃんと説明してください」

上司の答えは、社長が怒ってるから、とにかくやってほしい、というものだった。

その日の午後、僕は background:#ffffff の背景の上に、color:#ffffff の文字で、社名を山ほどコピペした。
Ctrl+Vをするたび、悔しかった。

数日後、検索結果で、その会社は1位になった。

僕は思った。
現場が納得できる仕事をするために、何をするか、決められる立場になろう。

あれから、10年以上が経った。

その過程で、現場をよくするには、ユーザーを理解するのが近道だと感じ、ユーザーエクスペリエンスの分野へと進んだ。

僕は今、ウェブ制作の上流工程から下流工程まで見ている。
ウェブサイトの設計もするし、技術部門にはコードの1行まで指導する。
当時に望んだ立場に、かなり近いところにきたと思う。

今、現場の若手が育っていく姿を見るのが、何より嬉しい。
一生懸命、教えて、応援して、彼ら彼女らがどんどん成長していく、それが本当に嬉しい。

いくらかでも、彼ら彼女らが納得のできる仕事になっていれば、いいなと思う。

DevLOVE Advent Calendar 2013 「現場」、明日は かつまた さんです。よろしくお願いいたします。

* * *

羽山 祥樹のtwitterアカウントは @storywriter です。ぜひフォローお願いします。

羽山は今年、UX Japan Advent Calendar 2013 にも参加しています。まさに本日22日、担当日でした。あわせてご覧いただけると嬉しいです。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー