お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

視覚障がい者によるパネルディスカッション - アクセシビリティセミナーレポート[3]

2008/08/14 07:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミキ・オキタWebClip ウェブデザインのニュース

この記事のトピック

視覚障がい者によるパネルディスカッション。

こんにちは。“時代の3歩先をねらうWeb屋さん”ミキ・オキタです。
このブログ「WebClip ウェブデザインのニュース」では、Webデザイン・Webマーケティングの話題をお届けしています。

2008年7月18日(金)、Webアクセシビリティのセミナーに参加した。その様子を3回に分けて報告している。

第1回記事 FLASHのアクセシビリティ/Webアクセシビリティ概論

第2回記事 政党のアクセシビリティ調査 ( + 気になった点を追加調査しました)

第3回となる今回は、セミナー最終部に行われた視覚障がい者によるパネルディスカッションについてレポートする。
内容は主に僕が会場でメモしたものを中心にお届けする。

パネルディスカッション 「東西の視覚障害者に、生の声を聞く」

Skypeを利用し、セミナー会場と各地の視覚障がい者をつないで、会場からの質問に対して回答する。ハーモニー・アイ 武者 圭 氏がモデレータを勤めた。

パネリスト

  • A氏
    • 男性。蝕地図を作成する仕事13年、コールセンターのサポート業務1年、現在求職中。
    • 政党サイトは見ない。見たいところがない。(筆者注:政党に関して情報を欲しいと思うことがない? という意味のようだった)
    • よく使うサイトはYahoo! オークション。PC部品を購入し、自作PCをつくる。商品説明で「画像を見てください」とあると困る。
    • 見たいサイトがある(そのサイトに欲しい情報があるとわかれば)と、何が何でも見る。
  • B氏
    • 男性。小学4年生で失明。小学6年生(1990年)、PCに触れる。京都市役所に勤務。趣味は執筆活動、読書、音楽鑑賞。
    • NetReader使用。クイックナビゲーション機能が便利。キーボードのhキーで見出し、Tキーで表、Eでエディットボックス(フォーム)へ飛べる機能。ただし前提としてサイトの情報構造を理解していないと利用できない。
    • よく使うサイトはAmazon・Yahoo! ミュージック・ヨドバシカメラ。執筆活動では辞書サイトも使う。Wikipedia。
  • C氏
    • 男性。62才。滋賀県在住。元SE。10年以上前に失明。2年ほど前から弱視に(若干回復した)。
    • 政党サイトは見ない。
    • よく使うサイトについても、特定したサイトはない。いろいろと見ている。検索はGoogleが主。サーチエイド(視覚障がい者向けの補助ツール)で時刻表などを見る。
  • D氏
    • 女性。60才主婦。中途失明。
    • 政党サイトは見たことがない。
    • NetReader使用。ただし「初歩的な使い方しかしていない。どうどうめぐりするときもある」。
    • 生協でネット注文する。視覚障がい者にも対応していて使いやすい。
    • 温泉が好き。ネットで申し込んだりしていると、最後のところでキーボード操作では申し込めず、がっかりすることがある。
  • ハーモニー・アイ 武者 圭 氏 (モデレータ)

ナビゲーション・スキップは、実際のところ、使うのか?

質問:ページ上部で、グローバルナビゲーションをスキップするためにナビゲーション・スキップを設置しているが、実際のところ、利用するのか? 使いやすいのか?
(筆者注:「ナビゲーション・スキップ」とは、音声ブラウザ向けのページ内リンクを指す。多くの場合、Internet ExplorerやFirefoxなどのいわゆる通常のブラウザでは表示されないように実装されている。制作者によって「スキップリンク」「スキップナビゲーション」「オーラルナビ」などの呼ばれ方をする)

  • D氏
    • とても便利。目的のところへ速く辿りつける。
  • C氏
    • あるときは使う。
    • ただし、そもそもHTMLのコーディングとして、ナビゲーション・スキップを設置しないと使いづらいようなコーディングをしてしまうこと自体にも問題がある。(筆者注:音声ブラウザは画面上の表示と関係なく、HTMLを上から順に読み上げて行くため、HTMLではグローバルナビゲーションやローカルナビゲーションより先に記事本文を配置し、画面上の表示をcssで入れ替えるように制作すれば、音声ブラウザの利用者にとっては最初に記事本文が読み上げられるため、そのようにコーディングすべきだという意味)
  • B氏
    • 使っていない。飛ばしてしまうとサイトの情報構造がわからない。サイトの情報構造がわからないとそのサイトを閲覧することができないため。
    • 逆に、ナビゲーション・スキップは、一般の人から見て、邪魔には感じないのか? と思う。(筆者注:B氏はナビゲーション・スキップは、通常のブラウザでは、画面に表示されないことを理解していない様子?)
    • ページ内リンクが動作しないUA(支援技術:スクリーンリーダや音声ブラウザなど)もある。
  • A氏
    • あれば使う。
    • ただし、C氏の意見と同様に、ナビゲーション・スキップを設置するより本文が先にあって欲しい。「本文に飛ぶ」は面倒。

Yahoo! JapanやGoogleで不自由に思うことはあるか?

質問:Yahoo! JapanやGoogleで不自由に思うことはあるか?

  • C氏
    • とくに困ることはない。
  • A氏
    • PC-Talker + ie 環境で利用していると、検索結果の本文にすばやく移動することができない。NetReaderなら簡単に本文へ行ける。
  • D氏
    • Yahoo! Japanを使用。困っていない。適当に辿りついている。
  • B氏
    • Googleのみ。不便は感じない。
    • 検索結果の説明部分に、検索したキーワード付近のテキストが抜粋されて表示されるが、それがリンク先ページのどのあたり(何行目など)がわからない。そのため、リンク先ページで、どこにそのキーワードがあるのか結局見つけられないことがある。
  • 武者氏
    • Yahoo! Japan・Googleともに使用する。
    • 広告が邪魔。スクリーンリーダー + ie 環境。「このへんは広告かな」と当たりをつけて、どんどん読み上げを飛ばして行く。

PDFファイルはどうすればいいか?

質問:PDFファイルはどうすればいいか? (筆者注:PDFのアクセシビリティを確保するにはどうすればいいか? という意味の様子だった)

  • C氏
    • PDFのセキュリティ設定を「コピーのための抽出」「アクセシビリティの抽出」を許可設定にして欲しい。テキストやWordに変換して内容を確認することができる。
  • D氏
    • PDFファイルは見ない。テキスト版を併設してほしい。
  • A氏
    • 動作を軽くして欲しい。
    • 見ないとしょうがないときは重要なものほどテキスト化する。
  • B氏
    • (以前に比べて)読めるものが増えている。
    • しかし、PDFをテキスト形式で読むと、表が崩れていて結局内容がわからない。表はExcelにするなど、工夫が欲しい。
    • また、自分でPDFを作成したこともある。作る側としては、非常に作業がラクであることはわかった。

動画の声が聞きづらいとき、サブ音声があったほうがいいか?

質問:講演の動画などで、声が聞きづらいとき、サブ音声でプロの声が入っていたほうがいいのか?

  • 武者氏
    • アクセシビリティの向上だけが目的でやるなら、それは違う。例えば、その対応では聴覚障がい者には理解できない。
  • C氏
    • 本来は、もともとの録音を聞こえるように録音するべき。
    • しかし、それが無理であれば、サブ音声が欲しい。
    • 作る立場ではなく、ユーザの立場で考えて欲しい。例えばナビゲーション・スキップであっても、本文がHTMLの一番前に来るコーディングをすれば必要なくなる。小手先のテクニックではなく、サイトの情報構造そのものをユーザの立場で作って欲しい。
  • 武者氏
    • 以前に視覚障がい者にアンケートしたとき、YouTubeなど人気だった。
    • また、視覚障がい者であっても、ほとんどの人がテレビからも情報を得ている。テレビを一切利用しないという視覚障がい者はほとんどいない。
    • 私たちは100%アクセシビリティに対応したものが欲しいのではない。もっと楽しめるサイトが欲しい、と思っている。

セミナー資料はダウンロード可能。

当日の資料がハーモニー・アイのウェブサイトに公開されている。

【セミナー資料】

発表資料ダウンロード

また、以下のブログでもセミナーレポートを掲載している。

【セミナーレポートを掲載しているブログ】

本物のWebアクセシビリティー・セミナー に参加 - Hello World
ハーモニー・アイ主催「本物のWebアクセシビリティ・セミナー」参加レポート - crema design
「本物のWebアクセシビリティー・セミナー」を受講してきました - アイビーネットblog
アクセシビリティメモ/『本物のWebアクセシビリティー・セミナー』 パネルディスカッション「東西の視覚障害者に、生の声を聞く」 - ARK-Web Accessibility Wiki

【関連リンク】

NPO法人ハーモニー・アイ

この記事に拍手する

はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー