お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

PodcastingからVodcastingへ

2005/01/12 12:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

渡辺聡

インターネット/IT分野で事業開発に携わる渡辺聡さんが、注目ニュースなどを題材に、そのニュースの背後にある本質的な変化とその先行きを、経済や社会との関わりの中で考えていきます。
ブログ管理

最近のエントリー

デバイスが普及すると関連したコンテンツが普及する。ゲーム機が普及すると、当該機で動くゲームが売れ、DVDが一般化したことでレンタルビデオ店の棚からビデオが少しずつ減る動きが続く。鶏と卵を含みつつ起きる、基本原則である。

iPodを含めて携帯用の音楽プレイヤー、MP3プレイヤーが一般市場で躍進したのが昨年。特にiPodは開発側も想定していなかったであろう使われ方が各所で提案され始め、中核はPodcastingという概念を生み出すに至った。音声から映像へと、デバイスの進化と潜在的なコンテンツ需要からシフトは続いている。
 
 
音声:Podcasting
 
Wikipediaの記述を借りると、

Podcasting is similar to time-shifted video software and devices like TiVo, which let you watch what you want when you want by recording and storing video, except that podcasting is used for audio and is currently free of charge. Note, however, that this technology can be used to pull any kind of file, including software updates, pictures, and videos.

放送を意識すると、音声ファイルのオンデマンドでのやり取り、Blog/RSSからの流れを意識するとテキストデータから音声データへの取り扱いフォーマットの拡充と定義づけられる。

そして、現在のところ、良く見る使われ方は

In short, podcasting involves the recording of internet radio or similar internet audio programs. These recordings are then made available for download to portable digital audio device. You can listen to the podcast internet radio program while you are away from your computer or at a different time than the original program was broadcast.

インターネットをインフラとしたラジオ局、もしくはオーディオコンテンツの提供サイトとなっている。

関連したソフト(音声ファイルを制作管理提供するものなど多数作られている)、ディレクトリなどは上記のリンクを参照いただきたい。記述量からしても着々と増え続けている様子を見て取れるかと思う。
 
 
テクノロジー領域でもしばしば取り上げられている「IT Conversations」以外にも「CIO PodCast」、「IT Matters」など広がり始めている。

PodcastingはBlogと近い成長過程を示している。まず個人が使い始め、NPOなど企業や官庁ほど大きくは無い組織が情報発信のツールとして採用し始めている段階にある。この先は、草の根ローカルのFMなど地方局が使い始め、目先の良いローカルメディアがコンテンツ提供の一手段として採用し始め、課金インフラと組み合わされるとライブハウスやインディーズの音楽グループがライブのコンテンツを流し始めという展開が想定される。

企業や官庁が使うかは、「音声情報を届ける必要があるかどうか」に依存しているため、イメージが湧かない。リリースや広報などはテキストで送られるのが普通であり、会見などになると、どちらかというと音声よりも動画で情報提供されるほうに一足飛びに行くケースの方を良く見る。企業のIRや行政の会見などは動画を志向するコンテンツである。
 
 
動画:Vodcasting
 
さて、その動画の方であるが、以前のエントリ「戦場はビデオ検索技術へ」で取り扱ったフロント側で起きているビデオ検索のイノベーションと合わせ、Vodcastingが立ち上がる素地が揃い始めた。

とはいえ、テキスト、静止画、音声よりも作りだすハードルが高いこともあってか、普及にはまだ壁が残っている。日本ではモバイル放送の開始や、テレビの見られる携帯など、ポータブル機器で映像に触れる機会は増えているが、これらは旧来の放送の延長上のモデルで捉えた方が分かりやすい放送受信の端末である。以前からある携帯テレビと品質とチャンネルは桁違いに変化したが、本質的なところは変わっていない。コンテンツの制作から流通消費までのチェーンのところどころが途切れている。

放送側からだと、TiVoが始めたHDD上に蓄積した動画を周辺機器に送れるサービス「TiVoToGo」を概念的に組み合わせてみると、例えば、この送り先の端末に上記の携帯型のプレイヤーが入ってくると、チェーンは形作られる。壁はコンテンツの機器間の移動と、なによりもインフラとしてのDRM。テレビ番組でもコピーを気にしないケースはあるかとは思うが、映画を始め有料販売を前提としたコンテンツも流れるチャネルである以上、何らかのコントロールは要求される。

Podcastingは草の根的な進化、下から上への進化の動きが強いが、Vodcastingは上からの流れもある。例えば、MSNのビデオダウンロードサービス、あるいはダウンロード型のショートフィルムである。ニュースコンテンツはグレーゾーンではすが、こちらはハリウッドのコンテンツのようにガチガチに管理されるということはないだろう。企業側から出されるマーケティング用のコンテンツであれば流通量が増えることこそが目標となるため、ユーザー側には障害をなるべく設けない方が良い。サーチ技術の進化と並行して流通量は上がっていくことだろう。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー