お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

PCクラッシュ、メディアとしてのBlog

2004/07/09 14:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

渡辺聡

インターネット/IT分野で事業開発に携わる渡辺聡さんが、注目ニュースなどを題材に、そのニュースの背後にある本質的な変化とその先行きを、経済や社会との関わりの中で考えていきます。
ブログ管理

最近のエントリー

メインで使っていたPCが小さくクラッシュしてしまった。データは無事なので、キーボードのみ動作していない可能性もあるが、ハード的に奥の方が壊れているような症状を見せているのでサポートセンター行きになるかもしれない。

復旧の合間を見つつエントリをまとめている。

しかし、驚いたのは、パーソナルユースはウェブ環境に移行してしまっているので、端末に何かがあっても大勢には影響が出ないことだ。仕事のファイルやメールをどうしようか悩んでいるのと対照的である。ブックマーク等失われるものもあるが、生活に支障が出ることはない。Blogやリーダー他も全て問題なく使える。

「あちら側」にはこうして行ってしまうものなのかもしれない。
 
 
増殖するBlog
 
さて、気を取り直して。
Ross Mayfield's WeblogにTechnoratiを元データとしたBlogの普及状況と現状についての考察Ratified Metricsがあった。まず、Technoratiの創設者であるDave Sifryが自らまとめたエントリが参照されている。

A Forrester Research report asked Internet users which activities they were spending less time doing in order to spend time at their computers. 78% of the people polled said that they gave up television viewing. A study from The Georgia Institute of Technology's Graphic, Visualization and Usability Center showed a clear shift in media habits with more than one third of respondents saying that they "use the Web instead of watching TV on a daily basis."

インターネットが他メディアの時間を奪いつつあるという良くあるタイプの報告だが、駿台河合代々木の三大予備校の東大合格者を足すと100%を越す話と同様にあっちのレポートとこっちのレポートでは重複や漏れが起きていそうな分野である。例えば、先のエントリ「メディア消費定点観測:新聞衰退の予兆」にて取り上げたEconomistの記事、The harder hard sellのデータだと伸びが著しいのはケーブルTV、衛星TVとなっている。「they gave up television viewing」とは書かれてはいるが、地上波からケーブルから何から含めたテレビ関連からインターネットのシフトという意味かどうかはチェックが必要なところではある。

しかし、最終的にどの程度何を置き換えるかの方が問題ではあるが、Weblogが増えているというのは


一目瞭然である。

Rossは相変わらずシンプルに指摘する。

With Technorati's new Ad Mission, you have to wonder if Cosmos' substitute Reach and Authority replaces Frequency. A shift from Sarnoff's Law to Reed's Law of group forming.

まず、有効性を図る指標が変わる。

インターネット広告の世界も始めはテレビの指標値が流用されていたが、徐々に独自の指標が採用されるようになった。アフィリエイトの世界でよく使われるコンバージョンなどは、双方向性とトラッキングの無いテレビの世界では存在し得ない指標である。

また、測定機関/企業も変わるのだろう。日本でもテレビの視聴率、インターネットの視聴率、バナー広告の効果測定を提供している企業は別々である。最近ではサーチエンジンがトラフィックのキーとなったことを受けて、サーチエンジン広告の測定と最適化を行うサービスも米国では出てきている。

Blogの世界では、というかRSSの世界では、アクセス数と合わせてフィード数を指標値として援用しようとの動きもある。

会社のひとつやふたつはまたこの領域で新しく生まれてくるに違いない。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー