お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

パーソナルサーバー導入のススメ

2004/06/16 13:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

渡辺聡

インターネット/IT分野で事業開発に携わる渡辺聡さんが、注目ニュースなどを題材に、そのニュースの背後にある本質的な変化とその先行きを、経済や社会との関わりの中で考えていきます。
ブログ管理

最近のエントリー

以前、ネットワーク家電市場について包括的にまとめた際に、検討していたHDD購入は家族揃っての物欲の高まりにより無事実行フェーズに移されることとなった。使い始めて、理屈でなく強く体感しているが、番組の時間軸は本当に破壊される。今、昨日録ったスガシカオのライブを流しながらまとめているのだが、番組的に今が何曜日なのかを掴む感覚も薄れつつある。朝見る番組は主婦向け番組から、モーニングサテライトとBSのニュースに変わった(バロンズの記事紹介をするのはこの番組くらいである)。番組はその時の気分と面白い面白くないで単純に選ばれる。

番組の視聴時間がバラバラになると、広報媒体としての位置づけも変わることになり、今のテレビ局+広告代理店が瞬間瞬間の視聴率を争うという構図は危うくなる。産業構造が変わる方向に徹底的に進んでしまった場合、垂直統合の図式から、ケーブルテレビ的な水平の構造に推移することになる。

もう一つ、やっぱり必要になっていくののだろうな、と体感出来たのはサーバー的な機能である。狭義ではHDDレコーダーがニーズを満たしているが、音楽ダウンロードも一般普及していくと、ポータブルなオーディオ機器(早い話がMP3プレイヤー)と家のオーディオ機器との楽曲移動が必要となる。ポータブルの機器をスタンドに掛け、外付けのドライブとして使うという解決法も考えられるが、最低限ネットワークの機能と楽曲と共有出来るAPI的な接点は欲しくなる。

そういう傾向が出ているのは日本に限らずなようで、Ed SimがBeyondVCのエントリ、A personal server for everyoneA personal server for everyone (continued)の二本でまとめている。

市場の状況はコンパクトに

I have no doubt that today the service is a better opportunity, and that there are a number of constraints such as what Jeff outlines above.

と要約されている。いい感じになってきているけど、まだ制約もあるし、クリアしなければならないことがある。VCや企業内の製品開発チームが活躍出来る状態になってきている。

「Jeff outlines above」と書いているのは下記のポイントとなる。列挙すると

(1) Consumers won't understand why they should make a capital investment and it will be a hard sell -- witness the trouble TiVo has had getting going.
消費者はお金を出して新しく何かを買わなければならないというのに納得しないだろう。売りを立てるのは難しい。

(2) Consumers hate installing anything.
消費者は(ソフトを)インストールするなんてご免だと思っている。

(3) A service is more efficient -- it can offer you a terrabyte of storage but no one will use it all.
サービスはもっと便利になる。誰も使い切れないようなテラバイトストレージも実現する。

(4) A service can constantly update itself with new software.
サービスは新しいソフトで常時アップデートがかかり使いやすくなってゆく。

(5) If the storage sits in the cloud, you can play your stuff on any device in the home -- or anywhere else -- without having to network anything; if you store your stuff on a home-based server in the den, it's not going to be easy to get to yourself from the bedroom TV.
ストレージがネットワーク上にあれば、家に限らずどこからでも貯めたものを見ることが出来る。逆に、ネットワークから切れていれば、ベッドルームのテレビで再生するのも難しい。

(6) It's possible -- possible -- that an in-the-cloud service can deal better with copyright issues. That is, you can store a legal copy of (or link to) a show or song among your stuff in the cloud and play it anytime anywhere and copy it onto limited devices (a la iPod) but not endlessly duplicate and distribute it.
ネットワーク上にあれば、著作権問題もクリアしやすい。法的問題をクリアして、利用状況を制限されたコンテンツをネットワーク上に置いて(制限範囲内で)自由に視聴出来る。

と、プラスマイナス合わせて様々な要素が列挙されているが、一つのポイントはサーバーがネットワーク上のホスティング環境に置かれているか、家庭内のネットワークに置かれてるか、つまりは「あちら側」と「こちら側」の議論の変奏曲である。

エントリを読む感じ。Ed Simはややこちら側派の様子である。

対立点を挙げていくと、まず価格については

I believe that technology will continue to change rapidly, prices will continue to drive down

下落していくはず。ネットワーク問題についても

As for the practicality of an in-home all-in-one device, having an IP address for your personal server would allow you to get it from anywhere including your bedroom TV

IPアドレスが降られてWi-Fiで繋がる形がある。

そして、事例としても既に出始めている。

The personal server space is heating up in real time. Along those lines, Linksys today announced a deal with Maxtor to launch a wireless hard drive for easy network sharing with features similar to the Mirra personal server.

Linksysといえばシスコが過日行った大型買収の先である。根元を辿ればシスコの参入ということになる。

とはいえ、最終的な実装モデルとしてはどっちか一方になると考えているわけでもない様子で、

Why couldn't Comcast give away Mirra personal servers, charge consumers a monthly fee, and have a cloud-based backup in addition to the backup on the home personal server. In my mind, that is probably how this will all evolve.

機器はとりあえず、個別に存在して、データのメインとコピーをどっちに置くのかが揺れているという程度が彼の見方のようである。

日本での機器の普及を見ていると、「あちら側」という話はまずないだろう。HDDレコーダーがさっさと使いやすくなって普及することで話は済む。また、ネットワーク接続は予約系を中心に標準的に実装されており、ウェブや携帯電話から録画予約を行えることが普通になっている。機器間のコンテンツ移動などはさほど想定されていないが、ホームネットワークが普通に組まれるようになる頃にはなんらか解決策は出されていることだろう。今のところ、日本はこちら側+WebAPIで決まりである。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー