お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

YahooとGoogleは何が違うのか

2004/12/22 09:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

YahooとGoogleは何が違うのか。この2社の違いの本質を考えることは、ネット産業のこれからを見つめる上でとても重要である。

今日はそんなことを考える取っ掛かりになる題材をご紹介しよう。

今日ご紹介するいくつかのBlogは、すべてTom ForemskiによるSiliconValleyWatcher「Stuff you didn’t know about Google--a report from the Googleplex Xmas party」というエントリーがきっかけで連鎖的に書かれたものである。

Yahooはメディア、Googleはテクノロジー

まず、Tom Foremskiは1年前のGoogleクリスマスパーティを思い出し、こんなエピソードを紹介した。

「I asked Mr Rosing why Google News doesn’t use a few full-time editors to clear out duplicated stories and clean up sometimes poorly aggregated pages. He looked at me as if I was crazy. Why would Google want to use people? Google News is an engineering solution, he said.」

わずか1年でGoogle Newsなんて当たり前の存在になってしまった感があるが、1年前は、「Google Newsには編集者が不在」ということに皆「大きな驚き」を感じていた。それでTomがGoogleのRosing副社長にそのことを尋ねたら、Rosingは「人間なんか使うわけないだろ、Google Newsはエンジニアリングソリューションなんだから」と答えたという。

そしてこのエピソードから展開して、YahooとGoogleの違いについてこう書く。

「Google publishes pages of content and sells ads on those pages. That’s a very traditional newspaper or magazine business model, except that Google uses machines to harvest and publish the content instead of using editors, reporters, copy editors, etc. Advertising is also harvested by machines, running a simple auction system between advertisers. And the distribution channel is the global computer network of the internet. It’s a very efficient business process, but, it is a media business process.」

「Yahoo, for example, clearly thinks of itself as a media company. It is full of media professionals, such as John Marcom from the FT, appointed senior VP of international operations in June last year. Terry Semel, the chief executive, is one of the media industry’s top executives (he still lives in SoCal).」

「Yahoo kicked the engineers aside quite some time ago. Co-founders Jerry Yang (does he still carry the title of “chief yahoo” on his business card?) and David Filo probably still do engineering type stuff, but the business is handled by people who know how to run a large media company.

Yet at Google, there are NO media professionals! They’ve done well so far, no one would disagree, but can computer engineers grow a media business? This could be Google’s Achilles’ heel.」

Financial Timesコラムニストでメディアビジネスを身体で知るTom Foremskiにとって、メディア産業出身者がエンジニアを押さえて統治するYahooは理解できるが、Googleの「hard-core engineer culture」はもう一つ理解できず、既存メディア産業についての無知がGoogleのアキレス腱になるのではないかと書いた。

Yahooはテクノロジー企業か

このエントリーに敏感に反応したのが、YahooのJeremy Zawodny「Tom Foremski on Google and Yahoo Culture」であった。Jeremyはエンジニアとしての自分自身のキャリアの問題として、勤務先であるYahooについて悩んだ過去の経験をこう披露する。

「Not too many people know this, but about two years ago I tried to leave Yahoo. I had been working in Yahoo Search (for the first time) and wasn't terribly thrilled with it and a lot of things. Obviously, I didn't leave. But I had an interesting series of meetings the day after I told a particular VP that I'd be leaving in 2 weeks.」

彼は2年前にYahooを辞めようと思った。

「However, it was during that day of meetings that I first discovered the internal confusion over what kind of company Yahoo is. I remember telling someone that I really wanted to go work for a technology company, not a media company. That led into an interesting discussion of the evidence for Yahoo being a media company vs. Yahoo being a technology company.」

当然のことながら「引きとめ」のために多くのミーティングが持たれた。

Jeremyが辞めたかった理由は、エンジニアとしての自分は「technology company」で働きたいのであって、「media company」で働きたいわけではないから、というものだった。

世界最大のインターネットメディアにとっての技術

そのことをはっきりと口にしたとき、Yahoo自身が果たして「technology company」なのか「media company」なのか、2年前のYahoo内部では明確に整理されていなかったことがわかった、と彼は振り返る。彼は諸々の理由からYahooを辞めなかった。そして2年後の今、彼のYahoo観はこうなった。

「Today, over a year and a half later, I see things differently.
In simple terms, you don't get to be the biggest Internet Media Company without also being one hell of a Technology Company.
So in my mind, Yahoo is both. No, the engineers are not front and center, but that doesn't mean they aren't dreaming up and building some really cool stuff.」

世界最大のインターネットメディアカンパニーになるためには、「technology company」でもなければならない。Yahooは、エンジニアが前面に出ていくカルチャーではないけれど、「technology company」と「media company」を兼ね備えた存在なのだと彼は総括する。確かにこのあたりが、Yahooのこの2年の大変貌を結果として物語っている部分と言える。しかしJeremyが総括する現在のYahooの姿も、より「technology company」的要素を強く押し出すGoogleとは、大きく異なっている。

YahooとGoogleのDNA

TomとJeremyのエントリーに刺激されたのが、SearchBlogでおなじみのJohn Battlleの2回に渡る長文エントリーである。「Friday Sketching: Tangential Ramblings on the Roles of Google and Yahoo in Search, Media and Beyond」と「More On Google, Yahoo, Media, Technology」である。サーチ産業ウォッチャー第1人者のJohn Battlleにとって、

「For some time I've been trying to articulate, in a succinct fashion, what separates Yahoo and Google in terms of their approach to search, media, and ultimately culture.」

YahooとGoogleの違いを明確な言葉で語ることは長年の課題であり続けてきたわけだ。

「Yahoo is a natural media company - the company is willing to have overt editorial and commercial agendas, and to let humans intervene in search results so as to create media which supports those agendas. Google, on the other hand, is repelled by the idea of becoming a content- or editorially-driven company. While both companies can ostensibly lay claim to the mission of "organizing the world's information and making it accessible" (though only Google actually claims that line as its mission), they approach the task with vastly different stances. Google sees the problem as one that can be solved mainly through technology - clever algorithms and sheer computational horsepower will prevail.」

「But Yahoo has always viewed the problem as one where human beings, with all their biases and brilliance, are integral to the solution. It's humans, backed by technology, who drive the "also try" results at the top of the page (the process has been automated, but it is classic architecture of participation stuff: "here's what other human beings find useful related to your search").」

Johnによる二者の違いはこう定義される。それは「technology company」と「media company」についての彼なりの定義と言ってもいい。Googleは人間の介在を極力回避しようとし、Yahooは人間こそがソリューションの中核に存在するべきだという価値観で成り立つ会社だ。特にYahooのこの価値観は、

「DNA has much to do with it: Yahoo started as an entirely subjective collection of links (Jerry's Guide to the World Wide Web), and the first few years at Yahoo were dominated by its human edited directory. Humans first, technology second.」

「Jerry's Guide to the World Wide Web」をルーツとするYahoo創業以来のDNAで、そのDNAを言葉にすれば「Humans first, technology second.」となる。それに比べてGoogleは「Technology first, humans second.」であるとJohnは言う。実際には「Technology first, technology second, technology third, ・・・, humans ???」という感じだと僕は思うけれど。

映像コンテンツ分野での次の競争

JohnのBlogの面白いところは、両者の違いを語るだけではなく、この違いが将来の両者のビジネスにどう影響を及ぼすかについて言及されている点である。

「As both companies move forward with new features and services, I expect this distinction will surface in any number of interesting and important ways. Both approaches have their merit, both have and will continue to succeed. But I expect some tension over the next few years, in particular with regard to content.」

Johnは、YahooとGoogleが本格的にぶつかるのは、メディアコンテンツ、特に映像コンテンツを巡っての戦いであるはずで、そのアプローチにこのDNAの違いが出るはずだと主張する。Yahooはメディアコンテンツのスーパーディストリビュータを目指す一方、Googleは「a clever technological solution」を編み出すことで競争が起こると、Johnは見る。

勢いで書かれた第1エントリーに対してたくさんのコメントやトラックバックがあり、少し冷静になったJohnは、自分が第1エントリーで書いた意図を、第2エントリーの冒頭で正確に再度記述する。

「My point was that understanding both companies' DNA and culture is important in understanding where they might go with relation to content businesses like music, movies, and television in the future, and on that count, Yahoo has a deeper and longer history of understanding the world of making media - most of its senior executives are from the content business, and its DNA was as an edited guide - a content play. While there is no question that Yahoo has and employs world class technology and Google has media experience, I believe the distinction of "media vs. tech" is important when thinking about how each company might approach Hollywood so as to make paid content easily available to all of us at a value proposition that works for all players - content owner, consumer and distributor.」

(1) YahooとGoogleはいずれ、音楽、映画、テレビのコンテンツに競争の場を移していく
(2) そのときに両者のDNAの違いは、今以上に際立って見えてくるはず
(3) そしてその違いは、突き詰めていくと、両者がどういう提案(Googleの場合はその提案自身がtechnology solutionであるはずだが)を持ってハリウッドにアプローチするのか、というところで現れてくる
という3点が実に面白い。

YahooとGoogleの競争の背景には、「人間対テクノロジー」というスケールの大きな発想の相違があるところが実に興味深い。なんと面白い競合関係であることだろう。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー