お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

収益低下で再編迫られる米国ソフトウェア企業群

2004/07/13 08:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

米国ソフトウェア産業が、コンソリデーション期を迎えている。ビジネスウィーク誌「Software Makers: Soon They'll Be Fewer」の紹介文は、

「As earnings fall and competition stiffens, many will have no choice but to merge or die.」(収益低下、競争激化で、多くのソフトウェア企業には合併か死のいずれかしか、選択の余地がない)

とある。冒頭で「ソフトウェア産業・成長の翳り」の実例として挙げられているのは、

「On July 8, application developer Siebel Systems (SEBL ) and e-business software maker BMC Software (BMC ) warned that their results for the second quarter would be lower than expected. Shares of software infrastructure company Veritas Software (VRTS ) fell 30% on July 7 when it said second-quarter results would be disappointing」

シーベルとBMCとベリタスである。

米国上場ソフトウェア企業600社の半数が淘汰の可能性

日本に電子部品の中堅上場企業がたくさんあるのと同じように、アメリカには中堅上場ソフトウェア企業がうじゃうじゃいる。

「That growing financial pressure will likely spark a powerful wave of consolidation throughout the industry over the next few years. Investment bankers say half of the sector's 600 publicly traded companies are likely to be eliminated.」

ここでは「ソフトウェアセクターに600社もの公開企業がある」と書かれているが、ハードウェア電子立国・日本を電子部品の中堅企業が支えているのと同じように、ソフトウェア大国・アメリカには、これだけの裾野の広いソフトウェア産業がある。その半数が、合併等によって、ここ数年で淘汰されるのではないかと、この記事は予測する。

「Some analysts doubt that the consolidation will be quite that dramatic. Many smaller, unprofitable companies have cut costs and have lots of cash on their balance sheets. That means they can hang around "like vampires," slashing prices and depressing margins industrywide. "There might be a need for consolidation, but that doesn't automatically mean it will happen," says analyst Bill Whyman of investment researcher The Precursor Group.」

ただ、派手なM&Aがいくつも起こるというのではなく、地味に地味に「知らない間にそうなっていた」というふうに事が推移していくのではないか、という意見もある。さて、合併の予測について、この記事に挙げられているディールを列挙していこう。

(1) Peoplesoft: 既にオラクルが敵対買収提案中。

「Oracle's plan is to buy PeopleSoft for its customers and sell them a broader range of products and services.」

(2) BEA Systems: オラクルの買収候補リストに入っているが、サンが触手を伸ばす可能性もある。

「BEA, which makes software for application servers, could be a target for a company like Sun Microsystems (SUNW ), which is trying to move beyond the hardware business.」

(3) Lawson Software: マイクロソフトが買収する可能性あり。

「And Lawson Software (LWSN ), in the maturing application sector, could be a logical target for Microsoft.」

(4) Check Point Software: シスコが買収する可能性あり。

「Internet router make Juniper Networks (JNPR ) kicked off consolidation in the sector by acquiring security-software developer Net Screen. Now speculation is swirling that router giant Cisco Systems (CSCO ) could acquire a software security company like Check Point Software (CHKP ).」

ここで予想されている「Sun Microsystems-BEA systems」「Cisco-Check Point」は、「Juniper-Net Screen」型の「ハードメーカーがソフトメーカーを飲み込む形での合併」である。「Oracle-Peoplesoft」「Oracle-BEA」「Microsoft-Lawson」のような「ソフトウェア・セクター内での合併」以外に選択肢が出て来たゆえに、こうしたコンソリデーション話が一気に現実性を帯びているのである。

セキュリティとBIは統合のメリットあり

この記事の中ほどで、

「They have very little appetite for massive new spending outside of a few crucial areas such as security and business intelligence.」

という文章が出てくるが、この「They」は顧客企業のこと。セキュリティとビジネスインテリジェンスならば、いま企業はカネを出す。JuniperによるNet Screen(セキュリティ)買収も、こうした背景ゆえだが、ここでセキュリティとともに挙げられているビジネスインテリジェンス領域では、

(5) Business Objects: マイクロソフト、SAP、オラクルの買収ターゲット

(6) Hyperion Solutions: マイクロソフト、SAP、オラクルの買収ターゲット

である。

アナリストの視点から見た投資対象は

さて、米国ソフトウェア産業絡みでは、Bill BurnhamのBlog「Software Stocks: Mid-Year Update」が最近書かれたので、併せてご紹介しておこう。Billはベンチャーキャピタリストだが、もともとはアナリスト。このBlogもサブタイトルに「Thoughts on software investing」とある専門家。彼が長期と短期で投資対象ポートフォリオに選んでいるソフトウェア企業を列挙していこう。

(長期1) Company: Actuate Ticker: ACTU Sub-sector: Business Intelligence

やはり第1に来たのが、ビジネスインテリジェンス領域である。

(長期2) Company: Blue Martini Ticker: BLUE Sub-sector: Vertical Solutions

業績が悪いので7月末でポートフォリオから落とすかもしれないと書いている。

(長期3) Company: SumTotal Ticker: SUMT Sub-sector: E-Learning

「Sumtotal was formed by the merger of Docent and Click2Learn which closed in mid-March.」とあるように、この企業向けe-learningの会社は、2社による合併によってできた。ビジネスウィーク誌の言うところの「知らず知らずのうちのコンソリデーション」の好例だろう。

(長期4) Company: SPSS Ticker: SPSSE Sub-sector: Business Intelligence

これも、Actuateと並んで、ビジネスインテリジェンス領域である。

(長期5) Company: Stellent Ticker: STEL Sub-sector: Content Management

この会社も、5月にOptikaという会社と合併したばかりである。

(長期6) Company: Neteller Plc. Ticker: NLR.L Sub-sector: Internet Payments

「Neteller is Europe/Canada’s answer to PayPal and it has been making a killing by servicing markets, particularly online gambling, that PayPal has been pressured into existing by the US Justice Department. I know, I know, this is not a software stock, but I still follow online financial services quite closely and I feel compelled to point out this stock because it is such an attractive buy.」

とBillが書くように、この会社は厳密にはソフトウェア企業ではない。オンラインギャンブルにおけるPayPalの役割を果たしているらしい。

(短期1) Company: Autonomy Ticker: AUTN Sub-sector: Content Management

エンタープライズサーチの会社。競争がますます激化する領域である。ただホットな領域なので株価が高い。

「Autonomy trades at a huge premium to the market at 6.3X enterprise value to sales vs. a 1.8X average for the rest of the content management group.」

(短期2) Company: Commerce One Ticker: CMRC Sub-sector: Supply Chain

コマースワンといえば瞬間的にバブルを思い出すわけだが、

「CMRC has lost over $3BN in the last 3 years and while it has reduced the size of the losses, it looks like it will be too little too late. I have watched a number of high flyers implode under the weight of the infrastructures that they built and I think CMRC will succumb to that same fate.」

今はこんな状況にある。

(短期3) Company: Redhat Software Ticker: RHAT Sub-sector: Operating Systems

Linuxディストリビュータのレッドハット。

(短期4) Company: Concur Ticker: CNQR Sub-sector: Vertical Applications

「Concur is a nifty little ASP that let’s companies do time and expense management.」というわけで、ニッチASP。

裾野の広い米国ソフトウェア産業

最後にBillはこう書いて、

「In April, I mentioned a bunch of stocks that weren't in the formal portfolio, but were potential candidates. Those stocks included: Long: Interwoven (IWOV), Stellent (STEL), and Hummingbird (HUMC), E-Loyalty(ELOY) Short: Convera (CNVR). These “potentials” were up an average of 9% compared to the formal portfolio's 6%, so shame on me for not formally adding them. I added STEL to the formal portfolio this month while I continue to watch the others.」

さらにいくつかの企業名を挙げている。

今日たくさん挙げてきたソフトウェア企業のうち、皆さんはどのくらいの企業を知っていましたか?

別にたくさん知っていることに大きな意味は何もないが、米国ソフトウェア産業の裾野の広さを、日本との違いを、体感していただけたのではないかと思う。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー