お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

PCに残る仕事、残らない仕事

2004/07/12 08:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

いま我々がPC上でやっている仕事の何がどの程度、PC上からなくなるのか。その文脈でeメールはこれからどうなっていくのか。

それは、これから数年のコンピューティング環境を考えていく上での最も重要な問いの1つだ。

Gmailが証明したThin Client構想の正しさ

まずはGmailについて書かれたTechnology Reviewの「Google Conquers E-Mail」(By Simson Garfinkel)を読んでみよう。冒頭の

「Gmail is the best thing that ever happened to Sun Microsystems.」

というのは皮肉だ。

「Nevertheless, Gmail validates a claim that Sun has been making for nearly a decade - that it's possible to replace a network of PCs running Windows with world-class computers offering computing services to low-cost and easily-managed desktop machines - perhaps machines so inexpensive that they don't even have a hard disk. Sun called such computers "thin clients." While they are popular at some companies, they haven't made real inroads against the Windows desktop because the applications just haven't worked as well.」

Sunがずっと提唱してきた「Thin Client」という概念はまだうまくいっていないし、Sunはえらく高いシステムを売りつけることでそれを実現しようとしているけれど、GoogleはSunよりもコスト対効果が高くて、しかもちゃんと動くGmailというソリューションを提供した。「Sunが長く提唱してきた概念が正しかったことを、Googleが証明してくれてよかったね」という意味の皮肉だ。ここまでは前置き。

Gmailはデスクトップアプリケーション並に使える

以下は、Simson Garfinkelの「Gmail利用経験に基づく感想」を箇条書きにしたものである(記事の2ページ目には、GmailのプライバシーについてのSimsonの考え方が述べられている。それについては、今日の主題ではないので省略するので、そちらに興味のある方は原文をどうぞ)。

(1) GmailはOutlook Expressと同等またはそれ以上にいい。

これまでのほぼすべてのウェブアプリケーションは、デスクトップバージョンよりも機能が少なくて遅かった。でもGmailは違う。

「Gmail gets its speed from some of the cleverest JavaScript ever written.」

Gmailは、これまでに書かれた最も利口なJavaScriptの1つで実現されているので、そのスピードが出ているとSimsonは評価する。

(2) Gmailは、Thin ClientとWeb Applicationの組み合わせのほうが、デスクトップでソフトを動かすよりも有利であることを示している。

第1に信頼性という点で。

「The most obvious is reliability: Gmail runs on Google’s servers, not your hard drive, and Google almost certainly does a better job than you do with routine maintenance, backups, and the like.」

第2に機能の高速性という点で。

「And because everything is kept on Google's servers, you don't have to wait for long downloads. Google's computers are blazingly fast: searching through the few thousand messages stored in my Gmail account is essentially instantaneous. Searching through the same amount of mail on my local computer takes ten seconds or more.」

第3にアンチスパム対策という点で。

「Gmail's anti-spam system is nothing short of phenomenal. I sent Gmail a copy of my entire inbox for two weeks - that's 200 real messages a day plus 500 pieces of spam. My anti-spam system at home let through about 20 spams a day; Gmail let through fewer than 5.」

(3) しかしGmailはインターネットとつながった状態でなければ使えない。それが不便だ。

たしかにeメールはインターネットアプリケーションではあるが、オフラインで使う使い方に我々はかなり慣れている。それがGmailではできない。

(4) 今のところ、他のメールシステムと互換性がないが、徐々にサポートされていくだろう。

「Gmail does not support either POP or the increasingly popular IMAP mail protocol. As a result, I was unable to use Gmail with my Treo 600 using Sprint's wireless network. Google has said that it intends to support mobile devices directly before the end of the year.」

(5) ほぼすべてのブラウザーと相性がいい。

「This is no easy feat for an application this sophisticated in its use of JavaScript. Google has clearly gone out of its way to show that complex Web-based applications can be developed and deployed without relying on all of that Microsoft-specific junk that's been crammed into IE. Other websites should take notice.」

これは実はそう簡単な話ではないのに、Googleはそれをやすやすと実現していると、Simsonは高く評価する。

(6) Googleはいずれ企業向け「Gmailアプライアンス」を売り出すだろう。

「Perhaps Google will bring out a version of Gmail running on an appliance, the way the company now sells a search appliance.」

これについてはどうだろう。ちょっと疑問が残る。

このSimson Garfinkelの論を、Techdirtがいつものように簡潔な要約で、こうまとめている。

「Simson Garfinkel is still a bit worried about Gmail's privacy implications, but believes it's one of the first web applications that performs like a desktop application, and believes that's what makes it really powerful. The problem many people have had with hosted applications is the speed at which they run compared to similar desktop apps. However, by using some sophisticated javascript code, Gmail loads a lot of stuff into local memory, making it quite fast, despite being a web app.」

Gmailを「デスクトップと同様にきちんと動く最初のウェブアプリケーション」だと評価しているわけ。僕の場合は、eメールのアプリケーションはOutlookを使って相変わらずデスクトップ上で動かしているので、Gmailを利用経験を拠り所にして語ることはできない。自分のPCから離れていても後で検索したくなるかもしれないe-mailについてはGmailアカウントにも転送しておくというやり方で、Gmailを軽く実験中という程度(まぁこれだけでもずいぶん便利なのだが)。

PCからインターネットの「あちら側」への移行

さて、先週の渡辺聡さんのCNET Blog「PCクラッシュ、メディアとしてのBlog」を読んでいたら、彼のメインPCがクラッシュしてしまったらしいが、彼はこう書いている。

「しかし、驚いたのは、パーソナルユースはウェブ環境に移行してしまっているので、端末に何かがあっても大勢には影響が出ないことだ。仕事のファイルやメールをどうしようか悩んでいるのと対照的である。ブックマーク等失われるものもあるが、生活に支障が出ることはない。Blogやリーダー他も全て問題なく使える。「あちら側」にはこうして行ってしまうものなのかもしれない。」

「あちら側」への移行に関する試行錯誤はまだまだはじまったばかりだ。これから最終的に何がPCに残るのか非常に興味深い。ジョブズは、「エンターテイメントと人間の創造性に関わる部分だけが確実に残る」と思っているのではないだろうか。

何を残し、何を移すか

さて、Jeff JervisのBlog「A place for my stuff」で、

「I want a place on the Internet where I can store all my stuff so I can get to it from anywhere on any device to consume, modify, store, or share. This stuff could be anything -- my movies, music, to-do lists, shopping lists (for the family to update), contacts, documents, search history, bookmarks, photos, preferences, voicemail, anything, everything. And it should come with the functionality necessary to execute all those verbs I listed (e.g., a nice little list-making ap).」

「自分の持っている情報すべてのためのインターネット上の場所(むろん情報処理機能つき)がほしい」と言うエントリーが6月中旬に書かれ、それが発端で面白い議論が続いた。PC上の情報をサーバーに移すのはいいが、それはインターネットの向こう側なのか、それとも家の中のパーソナルサーバーなのか、という古典的な議論ではある。

BeyondVCのEd Simが、そのBlog「A personal server for everyone」で、

「I totally agree with Jeff about having a place to store all of my stuff, but I am not sure if I want it all stored on the Internet. Rather I want it stored at home on my personal server but accessible through the Internet 24x7.」

自分はJeffに基本的には賛成だが、インターネット上に全部持っていくのではなくて、家の中にパーソナルサーバーを置いて、そこを24時間365日、インターネットからアクセス可能にしたいと返した。しかしこれに対してJeffはこう反論し、パーソナルサーバーに対する6項目の反対理由を並べた。

「(1) Consumers won't understand why they should make a capital investment and it will be a hard sell -- witness the trouble TiVo has had getting going. (2) Consumers hate installing anything. (3) A service is more efficient -- it can offer you a terrabyte of storage but no one will use it all. (4) A service can constantly update itself with new software. (5) If the storage sits in the cloud, you can play your stuff on any device in the home -- or anywhere else -- without having to network anything; if you store your stuff on a home-based server in the den, it's not going to be easy to get to yourself from the bedroom TV. (6) It's possible -- possible -- that an in-the-cloud service can deal better with copyright issues. That is, you can store a legal copy of (or link to) a show or song among your stuff in the cloud and play it anytime anywhere and copy it onto limited devices (a la iPod) but not endlessly duplicate and distribute it.」

これに対して、Ed Simはその反対理由の大半に同意しつつも

「As for what opportunity is bigger, sure the service side will be, but that does not mean a service and personal server are mutually exclusive business models.」

インターネット上のサービスと、パーソナルサーバーが共存する形での発展をイメージした。ここに引用したのは、議論の中のほんのわずかな部分。

Orkutの会員数がかなり大きくなってもなお、OrkutのサービスがOrkutくんの自宅のサーバーで動いているという噂が出たとき、「何だ、じゃあOrkutくんの家を見つけてサーバーそのものを盗み出すのがいちばん手っ取り早いじゃないか」というような冗談が、サーバーのセキュリティという文脈で出たのを思い出した。

いずれにせよ、「いま我々がPC上でやっている仕事や情報の何がどの程度、PC上からなくなるのか」、それが少なくとも米国ではキークエスチョンになっている今日この頃である。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー