お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Yahooインタビュー解説(2) サーチエンジンの根幹

2004/06/01 09:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

さて昨日に引き続き、米YahooのVish Makhijani (VP and GM international search)の肉声を頼りに、5月24日「Yahooが検索エンジンを自社開発した理由」の解説を続けていきたい。

このインタビューをする前に、Yahooのサーチ戦略について書かれたほぼすべての記事や論説を読んだが、その中で「質問に使えるフレーズ」が満載だったのは、Jay Currie「Yahoo! Takes on Google」であった。

シリコンバレーに来て10年もたつが、僕は相変わらず英語が下手糞で恥ずかしい限り。最近は「英語が下手な分、別の努力で補おう、知恵を使おう、戦略的に生きよう」と開き直ってやっているが、若い人はちゃんと英語を基礎から徹底的にやったほうがいいに決まっている。「もう少し深く技術についてわかればなぁ、もう少しちゃんと英語ができればなぁ」というのは僕の最近の後悔だが、人間に平等に与えられる「時間というリソース」は実に有限なので、「僕がもっと英語がうまかったとすれば、その分、僕の今を形作っている何かを失っていたかもしれないよな」なんて自己弁護してみたりする。歳をとってきて勉強する意欲が薄れている証左かもしれず、自戒せねばならない。

YahooはGoogleの成長をどう見ているか

さて、その「Yahoo! Takes on Google」から、僕はこのフレーズをインタビューで借用した。

「For years Yahoo! has run an internet directory operation -- a list of sites rather than a true search engine -- and supplemented its results through a partnership with Google.」

約10カ月前の本欄、2003年7月17日「Googleの台頭は全てのネットビジネスに影響を与える」で、Pacifica FundのTim Orenが書いたBlogを紹介したが、彼がYahooのOverture買収について、

「For some time, I've known from friends at Yahoo that they regarded Google as a competitor. Though they have been on-and-off 'partners' it's clear that the Yahoos underestimated the attractiveness of Google to end users, and let them get far too competitive without having a reply. Now we see the reply: A $1.6 billion acquisition of Overture. This will be interested to watch as it plays out. Google has long since outgrown the need for Yahoo traffic.」

Overture買収はYahooによるGoogleへの宣戦布告だ、GoogleをYahooは軽視してのさばらせてしまったのだ、と書いている。まあその通りだったわけだが、そのあたりのことについてのYahooの考えを、短い文章で尋ねるフレーズを探していたのである。

「For years Yahoo! has run an internet directory operation and supplemented its results through a partnership with Google.」

は、暗記するに十分に短く、いいフレーズだった。Timの言葉を借りるとちょっと不必要に攻撃的になってしまうものね。

しかし、Vish Makhijaniの答えは、

「Correct.」

おっとっと。これで終わりだとまずいな。仕方ないのでこう続けて聞いた。

「Google could grow because of Yahoo. How do you think?」

彼の答えは、

「I think in terms of speculating on how people could grow, I think... I would talk to them as well. But I think Yahoo is very -- search is part of Yahoo’s strategy, it’s a very important part of it. And I think if you look at just where the company was up until we acquired Inktomi and up until we acquired Overture, the product is now [in such a] position that it made sense to own those things, and I think for a variety of reasons, things have worked out really quite well.」

ちゃんと答えたくないときのコメントだ。よって、ここはインタビュー記事に掲載されていない。短い時間(ふつうインタビューに1時間以上は絶対にとってもらえない)の対話に、質問を何十も用意していくのは、かなり多くの質問がこういうふうにボツになっていくからである。本題に戻ろう。

サーチを実現するためのバックエンド

やり取りの中でいちばん面白かったのは、本欄でも何回かに分けてしきりに議論している「サーチを実現するためのバックエンドのシステム」についてであった。その部分は5月24日の記事にもきちんと反映されているのでそちらと照らしあわせて読んでいただきたいが、彼の肉声はこうだ。

「So we use a very highly parallel Intel-based environment that uses cluster technology to provide both very high... Or very low latency or very high performance with great reliability. So it uses a clustered very parallel environment. So very simply, when a query hits the search engine, it hits one node, but that node issues a search query to a bunch of different computers. Those computers return -- look at their little version of the Internet, return their answers and that first computer -- this is all very much published too. That first computer will essentially take the scored results that come back from all those computers, and [drive?] them all in well under a second. So, we do that thousands of times per second. And so in order to do something like that across such a broad area around the world on a global basis, with reliability at low latency, we have multiple data centers running highly parallel environments with really high-performance network infrastructure as well. So, so many computers communicating with each other that many thousands of times a second requires really great networking as well. So we put just as much effort into building the networking behind our clusters as we do just with the plain servers.」

そしてこのシステムは、Yahoo全体のシステムの一部ではなく、ゼロから作っていて、そこにYahooが持っていた技術を必要に応じて統合していくという考え方である。

「It starts with search. So even by itself, search is one of the largest computing problems on the Internet. It’s invisible to the user as to how it’s all put together. But from an architecture perspective, yeah, the mail farms aren’t intermingled with... It’s not the same boxes that do it as the search boxes do. We do integrate technologies where there’s opportunity. For instance, one of the areas where Yahoo is a real leader is on spam, preventing spam in your e-mail. So we’ve used some of that technology into helping prevent Web spam for users.」

また、この技術は買収によって得られたもの。どういう技術をどの会社が持っていたかについても語っていて面白い。ちなみに、文中のAVはAltaVistaのこと。

「Yeah, that came through acquisition, right. So we use some of the best technologies from the AV team, from the fast team as well. The FAST team had incredible capabilities in linguistics. AV has some of the best intellectual property going back to the beginning of the search business, as well as some great talent and Ph.D.s. And the Inktomi team had also build this very highly scalable parallel, very cheap environment. So it allows us to plug and play servers all the time. We are constantly adding to our infrastructure. As the Web grows, we grow. Being very modular allows you to do that very cheaply and at scale with great reliability as well.」

やはり話はきちんと聞いてみるものである。Yahooが、検索エンジン各社買収後に、技術的にも、これほどシリアスにGoogleを追走していたということは、それほど詳しくはまだ報じられていない。

「Doing that at scale, at a reasonable cost, is what makes it competitive, a competitive advantage. And if you just look at the industry and who can do it, as you well pointed out before, there’s only a couple of companies that can do it. There’s only two companies that do it today at scale, and we’re one of them.」

彼は、GoogleとYahooの2社しか、サーチの競争優位の根幹である「Doing that at scale, at a reasonable cost」できるシステムを持っていない、と明言した。この発言内容が、技術の達成度においてどの程度本当なのかはわからないが、少なくともYahooの検索のトップが、課題をこう認識してベストを尽くし、今それを作り上げようとしているということだけは、頭に入れておくべきなのであろう。

では、続きはまた明日。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー