logo

CNET Japanブログ

梅田望夫・英語で読むITトレンド

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。

2004年5月のアーカイブ

  • ビジネススクールの立場からの大学技術事業化支援

    [ゲスト] 岡田正大 Masahiro Okada 5月24日(月)〜5月28日(金)までの間、梅田望夫さんの代わりに慶應ビジネススクール助教授の岡田正大さんがゲストブロガーとして登板します。岡田さんのプロフィールに...

    2004-05-28 09:24:00
  • 「真のネット世代」再考

    [ゲスト] 岡田正大 Masahiro Okada 5月24日(月)〜5月28日(金)までの間、梅田望夫さんの代わりに慶應ビジネススクール助教授の岡田正大さんがゲストブロガーとして登板します。岡田さんのプロフィールに...

    2004-05-27 09:15:00
  • 知的自己鍛錬としての留学のすすめ

    [ゲスト] 岡田正大 Masahiro Okada 5月24日(月)〜5月28日(金)までの間、梅田望夫さんの代わりに慶應ビジネススクール助教授の岡田正大さんがゲストブロガーとして登板します。岡田さんのプロフィールに...

    2004-05-26 09:10:00
  • 日本におけるMBA教育の意味

    [ゲスト] 岡田正大 Masahiro Okada 5月24日(月)〜5月28日(金)までの間、梅田望夫さんの代わりに慶應ビジネススクール助教授の岡田正大さんがゲストブロガーとして登板します。岡田さんのプロフィールに...

    2004-05-25 09:16:04
  • 本当の意味でのネット世代とは

    [ゲスト] 岡田正大 Masahiro Okada 5月24日(月)〜5月28日(金)までの間、梅田望夫さんの代わりに慶應ビジネススクール助教授の岡田正大さんがゲストブロガーとして登板します。岡田さんのプロフィールに...

    2004-05-24 09:16:00
  • Blogは究極の知的生産の道具

    「知的生産の道具」と聞けば大抵のものは試してみるということを続けて、かれこれもう30年近くなる。スクラップブック、京大型カードから始まって、ハイパーカードを使うためにマックを買ったり、アウトラインプ...

    2004-05-21 09:11:20
  • デザインがビジネスに与える力

    Business Week誌が、IDEO社を「The Power of Design」というカバーストーリーに持ってきた。IDEOというデザインファームはシリコンバレーのパロアルトにある。「知る人ぞ知る」と「けっこう有名」の間くらいの会...

    2004-05-20 09:17:00
  • ネット世代とPC世代を分ける「インターネットの隠れた本質」

    本欄4月21日「インターネット時代をリードできない「PC世代の限界」」の反響は真っ2つに分かれた。世代論をやると大抵そうなるのだが、「世代で議論するのでは無意味で、個々にきちんと見て議論せよ」という考え...

    2004-05-19 09:22:00
  • 政治学者から見たオープンソース成功の秘密

    「The Success of the Open Source」という本が出版された。このサイトに紹介文があり、PDFファイルで、目次とまえがきと第一章の最初の11ページが公開されている。 著者はSteven Weber。Professor of Political...

    2004-05-18 09:33:37
  • バブル期の予測通りに成長していた米EC市場

    CNET Japan山岸編集長から、5月29日(土)の東京でのオフラインミーティングの参加者からの質問表(CNETの個人情報保護の原則から、それぞれの質問が誰からのものかは僕に開示されない)が届いた。英語でOverwhelming...

    2004-05-17 09:22:56
  • 続・100万行のソフトの作り方

    ゴールデンウィーク連休前の石黒邦宏さんのゲストブログはたいへん好評で、特に最初の2つのエントリー(「100万行のソフトの作り方(1) (2)」をきっかけに、ウェブ上でいろいろと議論が起きていました。石黒さんに...

    2004-05-14 09:20:00
  • 「ITは重要ではない」から「ITはどの程度重要か?」へ

    昨年ハーバードビジネスレビューに掲載されて話題を呼んだ「IT doesn’t matter」が、その後の論争を踏まえて1冊の本「Does IT Matter?」になった。著者はもちろん論文の筆者でもあるNicholas G. Carr。著者のCarr...

    2004-05-13 09:10:00
  • ビジネスにとって最もよい場所とは

    今日は、4月22日「地域差を利用した米国ナレッジワーカーの新しい生き方」の続きといえば続きかな。ここのところ重い話が続いたので今日は軽めのネタで。 Forbes誌が、今年の「Best Places For Business」(アメ...

    2004-05-12 09:17:00
  • ソーシャルネットワーキング2社が創業者を解任

    いったんリスクマネーを調達したあとのベンチャー創業者の運命は、実に脆弱なものである。「創業したから」という理由だけでずっと「経営陣に残れる」という保証は全くない。圧倒的な実力と存在感で、技術開発に...

    2004-05-11 09:15:00
  • 公開資料からかいま見えるGoogleのコンピュータシステム

    先週後半は2日続けてGoogleのIPO批判をしたが、今日も引き続きGoogleの話題を取り上げる。 その前に少しだけ、先週の議論を補足しておきます。 経営がうまくいっているとき、今のGoogleのように会社がノリに乗...

    2004-05-10 09:13:10

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]