お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

コンピュータ・サイエンスの発展を説くビル・ゲイツ

2004/03/18 09:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

ビル・ゲイツの「コンピュータ専攻のすすめ」キャンパス・ツアーについては、3月3日の本欄でご紹介した。ゲイツのサイトには、彼が訪れて講演した5つの大学での講演内容が、最近アップされた。イリノイ大学コーネル大学カーネギーメロン大学MITハーバード大学

それぞれ長文で、なおかつ重複部分も多いが、少し丹念に読んでみて、ゲイツの肉声から何かを感じ取ってみたいと思った。ゲイツの講演というのは、総花的で概して退屈なものなのだが、ときおり彼が考えていることが垣間見えるという性格のもの。1月9日の本欄でご紹介したベゾスの講演が、最初から最後まで飛ばしっぱなしで面白いのとはずいぶん違う。

コンピュータ・サイエンスはまだまだ行ける

この講演の目的は、コンピュータ・サイエンスという学問のプロモーションである。

「A big message you'll hear from me tonight is this opportunity for computer science, that it is almost ironic that today people are underestimating computer science more than ever before. During the late 1990s, there was that hype around the startups and the valuations, and people looked and ignored some of the tough problems that had to be solved to get computing to be a fantastic tool. But actually during that time period, some phenomenal work was going on.」(ハーバード)

コンピュータ・サイエンスがさあこれからというときなのに、以前よりもコンピュータ・サイエンスが過小評価されている、というのがゲイツの問題意識である。90年代のバブル崩壊が原因でそういう認識になってしまったが、実はその間に画期的な仕事が続いていた。

「And that's why we can say it's really this decade that some of the seminal advances that will utterly change not just computing, but how business is done, how education is done, how people communicate and entertain themselves, those things will move into the mainstream. And so what we have today we'll see as quite limited compared to what will happen over the next five or ten years.」(ハーバード)

だから次の5-10年こそが、コンピュータ・サイエンスの成果が結実して、単にコンピューティングのみならず、ありとあらゆるものに変化を及ぼすのだ。

「Now, this optimism I have about computer science and its impact, a little bit the proof of how serious we are about that is the R&D spending that has been increasing at Microsoft. Today, it's $6.8 billion a year, kind of an intimidating number, at least to me since 10 years from now people will say to me whether that was wise or not, but I'm quite confident that it is. That's the largest technology R&D budget that there is.」(MIT)

マイクロソフトの68億ドルという世界最大のR&D予算こそが、自分のコンピュータ・サイエンスへのオプティミズムの証拠。10年先に自分が賢明だったかそうでなかったかがわかるだろうが、たぶん大丈夫だ、とゲイツは言う。

ゲイツが考える2つのイノベーション領域

では、どういう領域にコンピュータ・サイエンスのイノベーションがあるのか、というくだりになると、ゲイツはIT産業の歴史を語り、現在の技術の拡がりをハードや通信も含めて延々と語るので、退屈な話が続くのだが、ゲイツの考えを読んでいくと、2つのイノベーション領域に行き着く、というのが僕の読後の印象であった。

1つは、Artificial Intelligence(AI)、人工知能。もう1つは、他の学問との境界・融合領域である。

AIについては、AI研究のメッカであり続けてきたCMUでの講演の中で、こんな発言がある。

「The most interesting problem of all in computer science, the one that's always been the most appealing and the toughest, is artificial intelligence. CMU even going back to the '60s was a pioneer of looking at those problems and thinking about what progress could be made.

And progress has been very modest. Maybe someone in this audience will be the one to make the breakthrough that we need here.

I happen to be an AI optimist myself. I think these are very much solvable problems. I think that some of the modeling techniques around Bayesian networks and other learning technologies really are starting to mature.」(カーネギーメロン)

コンピュータ・サイエンスにおける最も魅力的で難しい問題は人工知能であり続けてきた。そしてこれまでの進歩はたいしたことがなかったが、自分は今、「AI optimist」(人工知能楽観主義者)になった、問題は解決可能になりつつある、ベイジアン・ネットワーク周辺のモデリング技術や他のラーニング技術は、成熟し始めていると思う、とゲイツは語っている。

「The holy grail of computer science is artificial intelligence, and this is the idea of learned behavior. And people today, there's actually, if you take the field, there's less working on it now than 20 years ago. We at Microsoft have a large group because we actually feel some real advances have taken place, and will take place around Bayesian systems, or statistical verifier approaches that are very strong. We're applying this in many different ways. One is that we watch how games are played up on Xbox Live, and we have our AI engine learn all the playing techniques. So you can take any level of difficulty and the machine will play like an idiot, or it will beat you hands down the same way that human players would beat you, because it has that learning base that it's been designed around. Machine translation is another one that we believe is really ready for prime time, to take and have lots of documents be made available in different languages.」(ハーバード)

こちらはハーバードでの発言。コンピュータ・サイエンスの聖杯は人工知能なのだ。でも、20年前に比べて、この領域にたずさわる人は少ない。だからこそマイクロソフトでは巨額のR&D予算を投入して、大きな研究グループを組織している。それは、「we actually feel some real advances」、本当にいくつかの進歩を実感しているからであり、ベイジアン・システムまたはstatistical verifier approachesの周辺で、大きな進歩が近づいているのを実感するからだ、とゲイツは言う。そのあとのくだりは、Xbox Live周辺でのAIエンジンについての説明である。

興味のある方は、マイクロソフト・リサーチの研究トピックをそのサイトで散策されたらよいと思う。

コンピュータ・サイエンス以外の分野で進む研究

ゲイツが指摘するもう1つのイノベーション領域、他の学問との境界・融合領域について、ハーバードでは、

「Now, computer science, I mentioned, will also be the set of tools that advance and really change the other sciences.」(ハーバード)

コンピュータ・サイエンスは、他のサイエンスを進歩させ、本当に変えてしまうようなツール群になるだろう、と語ったあとで、本欄昨年9月22日にご紹介したJim GrayのWorld Wide Telescope、ワールドワイド望遠鏡・プロジェクトの話をして、

「The same thing can be said for most of the hard sciences, biology is a particularly interesting one, and a tough one. The complexity of the data, the breadth of the data -- but the value of understanding that data makes that a very, very exciting area.」(ハーバード)

つまり、同じことが、他のほとんどのハード・サイエンスでも起こる。バイオロジーは特に面白くて難しいエリアであると。厖大で複雑なデータの意味するところを理解して、そこから価値を創造する研究ということだろう。

「「If you look at Harvard, this trend of computer science working with the other sciences is a very interesting opportunity, because Harvard, of course, is a leader in so many areas, health and medicine, you've got an incredible group of people to work with. The Government school, the Business school, all of the other hard sciences. And so there should be more opportunities really for Harvard really to stitch those things together than almost any other university.」(ハーバード)

そして、総合大学たるハーバードは、まさにそういう研究にもってこいではないか、と語っている。

また、

「Now, the boundary between computer science and the other sciences historically was a fairly hard boundary, and that is breaking down.」(MIT)

歴史的には、コンピュータ・サイエンスと他のサイエンスの境界はかなり明確だったが、その境界が崩壊しつつあり、

「Biology, of course, is perhaps one of the most challenging because of the breadth and the differences in the data, but even there this is starting to happen and I had a great discussion with some of the faculty who are pushing off in that direction and really seeing that the boundary of computer science and biology are very much coming together and we need people who understand both of those things to make advances in solving diseases. And I'm very optimistic about how fast that will move forward.」(MIT)

最も難しいバイオロジー領域においても、境界は近づき、ものすごいスピードで進歩していくことについて、自分はオプティミスティックだと語っている。

コンピュータ・サイエンス関係者の焦り

さて、この他の学問との融合の問題については、ゲイツに付き添ってこの5つの大学を回ったマイクロソフト・リサーチのKevin SchofieldがそのBlogで、こんな裏話を書いていて面白かった。

「In the US, enrollment in computer science programs has been trending downward. A big theme of Bill's speech, and our conversations with faculty, is that this trend is a real paradox, because there are only two fields that will have a huge impact on our world in the next 10-20 years: biotech and computing. And biotech's impact is being driven by computing.

So when you get into the details of it -- and this came out again and again in our conversations -- you find out that there are as many people involved in computer science in academia as there ever were, and in fact in most cases it's seeing tremendous growth. However, an increasing number of people are doing computer science outside of the computer science department, because they see all the other places "where the action is". We saw and heard about great computer science work in physics, biology, chemistry, public health, b-schools, economics, you name it.」

コンピュータ・サイエンス分野の大学関係者には、学生のコンピュータ・サイエンス離れに危機感がある。そしてその危機感の由来は、コンピュータ・サイエンス以外の「where the action is」、つまり研究がまさにホットになっているバイオの世界などのほうでこそ、素晴らしいコンピュータ・サイエンスの研究が進んでしまっている、という問題である。関係者の恐怖は、

「The fear at first was that computer science would become the servant of all the other disciplines」

コンピュータ・サイエンスが他の学問のための召使になってしまうこと。でもKevinは言う。

「Things are going to look very different in 5-10 years. I honestly can't tell you what a CS department will look like. But the very good news here is that computer science is alive and well, and in fact there is an energy and enthusiasm in the field that I have not felt for a long time, and a recognition that computing will have a huge impact on the world in almost every field of endeavor.」

5-10年先に、コンピュータ・サイエンス学科がどうなっているかはわからないけれど、コンピュータ・サイエンス領域にエネルギーと熱狂が戻り、世界に大きなインパクトを与えそうだ、というのはいいニュースじゃないか。僕もこのBlogを書いたKevin Schofieldとまったく同意見である。僕が今学生で、コンピュータ・サイエンス関連分野での研究者を目指していたとすれば、きっとこういう境界・融合領域のどれかに興味を抱いていたことだろうと思う。

グローバル競争の鍵は教育

さて、最後に、ちょっと話題は変わるが、ゲイツのオフショアリング関係の発言がなかなか良かったので、ご紹介して終わりにしよう。

「In fact, people now worry that this is going to create a new level of global competition. And the answer is it is. People's opportunity to have great jobs in the future will be far more determined by their level of education than by what country they happen to be in. Historically, your educational level didn't matter that much. If you were in a rich country you made a lot of money, and if you were in a poor country you made very little money. Now the opportunity for educated people worldwide to help out, to contribute to products, not just software products but anything you can imagine, architecture, law, answering the phone, it will be done where people have those skills.

And as people look at that, they go, wow, what does that mean? Well, it means the U.S. has to keep its edge in terms of doing the best work and that means research, it means intellectual property, it means improving the education system, rededication.」(MIT)

グローバル競争を勝ち抜くカギは、教育がすべてだ、ということである。富裕な先進国にいれば教育がなくても稼ぐことができた時代は終った、とゲイツは言うのである。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー