お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ビル・ゲイツは「コンピュータを専攻しろ」と言うけれど

2004/03/03 08:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

一昨日のオフショア開発の話とも関連するが、米国でコンピュータ・サイエンスを志望する学生が減っていることに危機感を抱いて、ビル・ゲイツが「コンピュータ専攻のすすめ」キャンパス・ツアーを行なっている。The New York Timesの「Microsoft, Amid Dwindling Interest, Talks Up Computing as a Career」をまず読んでみよう。

「The number of students majoring in computer science is falling, even at the elite universities. So Mr. Gates went stumping at the University of Illinois at Urbana-Champaign, Carnegie Mellon, Cornell, M.I.T. and Harvard, telling students that they could still make a good living in America, even as the nation's industry is sending some jobs, like software programming, abroad.」

訪問しているのは、イリノイ、カーネギーメロン、コーネル、MIT、ハーバード。

「Later, noting fears of widespread job losses, he said in an interview, "But people are way overreacting." Mr. Gates urged the students to stay in the game, no matter where they worked - for Microsoft, a rival, a start-up, a research lab.」

オフショアへの職の流出は過剰反応だ。就職先は、マイクロソフトでも、その競合でもいいし、ベンチャーでもいいし、研究所でもいい。とにかくコンピュータ・サイエンスを専攻して、「stay in the game」、ゲームにとどまってくれよ。ゲイツは言う。

「The effect of computer technology, he told them, is just beginning and opportunity abounds. Computing, he added, is an ideal field for fine minds to make a difference in society. "We need your excitement," he told students at Harvard. "Most of these jobs are very interesting and very social - you work with lots of smart people. I'm excited about the future of computing, and I'm excited to see how each of you can contribute to it."」

とゲイツは言うわけだが、この記事に出てくる22歳のMatthew Notowidigdo という学生(コンピュータ・サイエンス専攻の博士課程を選ばずに、ウォールストリートの投資銀行に行くという選択をした)の下記のロジックもなかなか筋が通っている。

技術だけの時代は終わった?

「But Mr. Notowidigdo's expertise in software design and programming are also valuable tools on Wall Street, as sophisticated computer programs and models are increasingly used to sniff out profit-making opportunities in the financial markets.」(彼のスキルがウォールストリートでもっとこれから役に立つであろうこと)

「And he said his summer job last year, doing programming work for a New York investment bank, also influenced his plans for the future. The bank's technology department was outsourcing some software work to India, and as part of the project, programmers from Wipro, a large India outsourcing firm, were brought to New York. Mr. Notowidigdo was impressed at the level of their skills.」(インドへのアウトソーシングの実際をサマージョブで経験し、そのレベルの高さに驚いたこと)

この2つが、「His current path as a technologically adept investment banker, he decided, gives him "a broader set of skills and is less risky than software engineering."」(技術に精通したインベストメント・バンカーというキャリア・パスのほうが、ソフトウェア・エンジニア一本でいくよりもリスクが小さい)と彼が判断した背景である。

一昨日ご紹介したBusiness Week誌の視点も、徹底的に技術を極めて一流のアーキテクトか研究者(Researcher)になるか、ITとビジネスの接点を極めるかのいずれかの道を指し示していた。そして、後者の道は、必ずしも「コンピュータ・サイエンスを専攻してベンダー企業に入る」ばかりではなく、ユーザ企業に就職して、ITを本格的に事業に役立てていく方向で、自らのスキルを積極的に活用するという道も選択肢としてある、ということだろう。

「Mt. Notowidigdo said. "And understanding computational technology is going to be essential to almost any field in the future."」

computational technologyの理解は、ほとんどすべての分野で仕事をしていく上で必須になるもの、というMatthewの視点のほうが、むしろ新しいのかもしれない。

ちなみに、ビル・ゲイツのキャンパス・ツアーの講演録は、イリノイ大学での分(2月24日)を彼のスピーチ・サイトで読むことができる。また、最近の講演だと、セキュリティ関係のRSAカンファレンスでの講演録(同じく2月24日)、1月7日のCESでの講演録も合わせて読める。アーカイブをたどれば、94年からの彼の主だった講演も全部、記録されているようだ。

見直されるべきITとイノベーションの関係

さて、一昨日の最後で、「オフショア開発の流れは必須だから、アメリカは、さらなる起業家精神の発露によって乗り切るしかない」というトム・ピータースの考えを少しご紹介したが、たまたま読んでいてとても面白かった論考「What Developing-World Companies Teach Us About Innovation」(Harvard Business School: Working Knowledge)からは、この文脈でも、いくつかのヒントを得られるのではないかと思った。

「What these companies and others like them share is a distinct approach to innovation: they strategically exploit an intimate knowledge of their customers' mindsets, they innovate around (rather than through) technology, and they scour the globe for good ideas.」

「Innovation comes in two varieties: technology-push and customer-pull. Technology-push?introducing new products based on cutting-edge research?is not an option for most companies in developing countries. As a result, they must rely on the customer-pull approach: finding ways to solve customers' dilemmas without relying on novel science.」

「Companies such as Samsung or Novartis can drive innovation from their R&D labs, continually translating scientific breakthroughs into new products. In contrast, innovation by developing-country businesses looks very different. In general, the innovations come not from product technology but from all the elements of the business model that surround the product technology, including manufacturing, logistics, distribution, and finance.」

がそのエッセンス。「Innovate through technology」ではなくて、「Innovate around technology」でいく。「Technology push」ではなくて「Customer pull」で、顧客を中核に据えて、世界中に新しいアイデアを求めていく。世界中に求めていくアイデアには、先進的なIT活用事例も含まれる。イノベーションの源泉は「Product technology」ではなくて、ありとあらゆるビジネスモデル要素に、ITを中核とした新しいイノベーションを発想して実装していくことだ。

この論考は、先進国に比べて「持たざるもの」である発展途上国の企業によるイノベーションから学ぶことが多い、という問題意識で書かれたものだが、ITがこれからの社会全体でどういう意味を持ってくるか、ひいてはIT関係でどういう仕事が必要とされてくるのか(つまりオフショアに流れずに残るのか)という文脈でもたいへん参考になると思う。「ITとビジネスの接点を極める」ことは、実に奥行きが広く、その文脈にさらに起業家精神をも位置付ければ、キャリア機会という点で見ても、ものすごく大きな拡がりを見せている。そのことを発展途上国企業のイノベーション研究結果は、我々に教えてくれているのだと思う。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー