お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

GoogleはインターネットのOSになるか

2004/01/07 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

Googleについてはその動きを途切れなく見つめていきたいと思うので、12月に議論された記事や論考の内容を総括しておくことにしたい。

まずは人気BlogサイトTechdirtの「Google As The Operating System To The Internet」(12/15)から。「インターネットのOSとしてのGoogle」というこのタイトルは、元旦にご紹介したアマゾンの狙いを形容する「a Windows for e-commerce」またはTim O'Reillyが語るいずれ統合されるかもしれない「internet-scale operating system」のビジョンとも呼応する表現である。

「Now that everyone is talking about the latest Google-trick where you can easily track FedEx or UPS shipments by typing in the tracking number on Google, one more piece of the puzzle fell into place in the "Google vision."」

がその冒頭だが、「Google delivers parcel search」(12/12)つまり、Googleの、FedExやUPSに頼んだ荷物の配送状況を確認できる新検索機能「Search by Number」発表を受けてのもの。Googleサイトから荷物番号を打ち込めば、その荷物の位置情報を載せたFedExやUPSのウェブに直接いける。

「The new "Search by Number" feature, announced Friday, also brings up information linked to other kinds of numbers, such as patent numbers, equipment identification numbers issued by the Federal Communications Commission, and airplane registration numbers from the Federal Aviation Administration.」

それ以外に特許番号やFCCによって発行された装置ID番号など、Numberにまつわる検索がGoogleから直接できるようになる。

Googleで何でも探せるようになる

TechDirtは続けて、

「Over at Business Week, they describe a world where Google is everywhere. Instead of going anywhere online directly, you could just use Google as the interface. Need movie tickets? Type "Movie" and your zip code and see the listings. Want to buy a Beanie Baby on eBay? Type "ebay beanie baby" and have Google show you all the choices. As the article points out, each one of these types of moves could take away traffic from some other site, taking away advertising revenue and giving it to Google. Clearly, Google is trying to become something of an "operating system" for the internet. It's trying to set it up so that if you want to find anything or run any web application, you go directly to Google and input what you want.」

と書くが、ここで引用しているのが、Business Weekの「Google Here, There, and Everywhere」(12/16)である。この「Google Here, There, and Everywhere」を読む前に、「Search by Number」について巡って書かれた中で面白かったものとして、O'ReillyのAndy Oramの「The search for search's next generation」(12/17)も参考文献としてあげておきたい。このBlogも同じ「Google Here, There, and Everywhere」にリンクを張りながら書かれたもの。

「Current search engines--even the constantly surprising Google--seem unable to leap the next big barrier in search: the trillions of bytes of dynamically generated data created by individual Web sites around the world, or what some researchers call the "deep web." You can't look up the status of a Federal Express package without going to the Federal Express site, or the details on an eBay item without checking the eBay site. Dynamically generated data can't be spidered.」

現在のサーチエンジンでできないこと。それは、世界中の個々のサイトでダイナミックに生成されているデータのサーチ。「Deep Web」という呼称があるらしいが、Fedexパッケージの情報や、eBayでのオークションアイテム個別の情報や、そういうダイナミックに更新される膨大なデータのこと。この問題がゆっくりとではあるが解決に向かっている。

「But the article cited above shows how this barrier is slowly cracking. Now I can enter "fedex 791725670102" into Google (not Federal Express) and discover that the jigsaw puzzle I mailed to an author in Australia was signed for by him.」

ここで「the article」と書かれているのが、「Google Here, There, and Everywhere」のことである。

「I woke up this morning and Googled my dry cleaner to see if my shirts were done. Then I Googled the weather to see what to wear to work. Before breakfast, I Googled my stocks to see how they did yesterday, and then I Googled the supermarket for sale prices and to schedule a delivery, right from Google. I Googled the movies playing at theaters near my house, and then I told Google to e-mail me with travel itineraries to Paris from June 24 through June 31. In short, it's just another good Google day here in 2006, in an all-Google world. 」

これがその冒頭。この文章では、Googleという言葉のほとんどは、動詞として使われている。「朝起きて、シャツの洗濯が出来上がっているどうかをクリーニング屋にググった。そして仕事に何を着ていこうかと思い天気をググった。朝ごはんの前に昨日の株価をググり、スーパーマーケットの今日の値段をググって、Googleから直接、配達のスケジューリングも行なった。家の近くの映画館でやっている映画をググり、6月24日から31日までのパリでの日程表をe-mailで送るようにGoogleに指示した。つまり、これが2006年の日常。すべてGoogleの世界だ」

「Of course, none of these services are offered yet on Google. But they could be soon, because the world's biggest and most successful search engine is rapidly headed in that direction. You can already Google your boss, Google a phone number, Google an address, Google the best place to buy a pet salamander, Google the latest news, Google the meaning of the word "philistine," and Google the closest pizza place to your apartment.」

こうしたサービスは今はまだ実現していない。しかし、Googleの目指す方向はこうなのであるから、すぐ先に実現するだろう。あなたはもう既に、上司についてググり、電話番号をググり、住所をググり、何かを買うのに最もいい場所をググり、最新ニュースをググり、言葉の意味をググり、アパートからいちばん近いピザ屋がどこかをググっているではありませんか。というわけだ。そしてこの冒頭に続いて、新サービス「Search by Number」の紹介になる。

「Perhaps more important, Google is providing this new shipment tracking service even though it doesn't have a partnership with FedEx. Rather, Google engineers have reprogrammed it to query FedEx directly with the information a user enters and provide the hyperlink direct to the customer's information.」

重要なのは、Googleがこのサービス実現のために、FedExとの提携を必要としていないということである。

「By extension, the search giant can create more online real estate to sell ads on. But with every new service, Google takes a slice of someone else's pie. Its ability to find pizza places within any given Zip code ultimately eliminates the use of YellowPages. Using it to find word definitions diminishes the business proposition of online dictionaries.」

どこにでもあるGoogleのどこにもない特徴

こうして、新しいサービスと共に、Googleは、他の誰かのパイを少しずつ切っては持っていく。そういう行為の積み重ねが、この記事の冒頭に示された「an all-Google world」というわけなのである。だからこそ、

「Google becomes the omnipresent middleman and a clear and present danger to just about any company that relies on the Internet for commerce. Which, increasingly, is every company in the developed world.」

Googleはいたるところに遍在するミドルマンとなるゆえ、インターネット上で商取引を行なうすべての企業にとっての明確で目に見える危険になっている。この遍在するミドルマンというビジョンは、ヤフーだってマイクロソフトだってAOLだって、ずっと目指してきたことだ。そしてそのビジネスモデルは広告収入に頼るのも同じ。ではGoogleと他者の違いは何か。

「The devil, as usual, is in the details. Google has decided that its customers should gather information through inputs of text search terms by using more or less the same simple interface to search for news, things to buy, or any other topic. That's a small but important distinction. Google assumes that customers are smart enough to learn to search with words rather than with the graphical and pull-down menus used by most of its competitors. That's an understandable bet. Google has gone from upstart to Internet star with a business plan based on that assumption.」

神は細部に宿る。Googleの特徴は、極めてシンプルな同じインターフェースですべてのことに処することだ。Googleは、ユーザ、カスタマーが、グラフィック・インターフェースやプルダウンメニューなどを使わずとも、シンプルなGoogleインターフェースでたいていのことをやってのけるに足るスマートさを持っているものだ、と仮定しているのである。Googleはこの仮定を一本貫いて、ここまで成長してきたのだと。

そして続いてAOLのMovieFone.comを例にとっての面白い分析がある。

「Take AOL's MovieFone service, which is an incredibly useful Web tool. Type in a Zip code, and it'll tell you all the movies playing at nearby theaters and offer online ticket sales for eligible venues. AOL probably wouldn't make money if it just sold the tickets and collected convenience fees for each sale. The real money for AOL on MovieFone.com is in advertising. Big studios pay big bucks to place ads there. So do airlines and consumer-products companies.」

「Google could introduce a service that allows Web surfers to enter a Zip code and "movies" to receive a link to MovieFone.com with a listing of local films. Google wouldn't really need to ask MovieFone's permission because the service is publicly available and easy to program into Google in the same manner as the FedEx service.」

「Yes, such a Google service would probably mean extra traffic for MovieFone.com. And that would be good for MovieFone, right? Perhaps not. The interaction takes from MovieFone at least one prime advertising asset, the usual initial visit to MovieFone's home page, and instead awards that impression to Google. That's because the movie-listing seeker will skip right to the MovieFone hyperlink with their Zip-code-specific information. And as more traffic arrives from Google, that would give it more leverage to ask MovieFone for a referral fee. That's not hard to envision if Google become a public company with a responsibility to, above all, boost profits.」

GoogleはFedExと提携せずとも「Search by Number」サービスを実現できたように、AOLと提携せずとも、MovieFone service(郵便番号を入れるだけでその地域でやっている映画を全部教えてくれるサービス)と同じサービスを、AOLサービスの上にかぶせて作って、美味しいところ(広告収入やReferral fee)だけを全部持っていってしまう構造になるのではないか、というのである。

Googleはほかの企業とすみ分けできるのか?

そして同じことがeBayやAmazonに対しても起こっていく今後、ネット列強とGoogleとの戦いはどう推移していくのか。列強のそれぞれが異なるビジネスモデルを持つゆえある種の「すみ分け」が可能となるのか、はたまたゼロサムゲームの勝者の地位を巡ってのかなり激しい戦いになるのか。今年注目しなければならない重要ポイントである。

前半に参考文献としてご紹介したAndy Oramの「The search for search's next generation」では、Googleの戦略を、

「The burn-out of the dot-com era left a smoldering envy of those few dot-commers that managed to stay alive. Google is foremost among these. If they can continue pulling in dynamic data from more and more sites, their dominance may well continue--for access to dynamic data is indeed the key to the next big improvement in search」

と総括する。そして、このことを、TechDirtは

「Google is trying to become something of an "operating system" for the internet」

と表現したのである。

あといくつかご紹介したかったGoogleについての論考や記事があるのだが、もう既にずいぶん長くなってしまったので、明日にまわすことにしたい。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー