お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

大学の経営は進歩しているか

2003/09/16 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

ハーバードビジネススクールのWorking Knowledgeサイトに、ハーバード大学前学長・Derek Bok氏のインタビューが掲載されている。Derek Bok氏は、つい最近「Universities in the Marketplace: The Commercialization of Higher Education」という本を著した。米国の高等教育が世界一であることは衆目一致するところであり、先週の月曜日と火曜日にご紹介したMITのオープンコースウェアの試みなども含め、米国の大学間の競争はものすごく激しい。

まず、大学が企業から学ぶことは何か。2つの視点があるとDerekは言う。

「First of all, when people think of universities, they tend to think of education and research, and they don't realize how many activities go on within a university that are really quite similar to corporate functions. A university like Harvard has a real estate department, an investment firm, a large human resource activity, a publishing company, a huge buildings and grounds and construction management department, a legal department, an insurance company, and many more corporate-style functions.」

第一に、人々は大学というと、教育と研究だけを思い浮かべるだろうが、大学には、企業の機能そのものという活動がたくさんある。ハーバードのような大学では、不動産部門があり、投資会社を持ち、巨大な人事関連活動を行なっている。出版社も持ち、巨大設備の建設マネジメントを担当する部門、法務部門、保険会社といったたくさんの機能がある。この機能群については企業のほうが進んでいるから、その合理性追求を徹底的に行なうことによって、教育と研究という大学の本分にカネをまわしていくことが重要だとDerekは語る。

「More important than that, I think, is the corporate tradition of constantly experimenting with their products and methods of production and evaluating the results in order to achieve a more effective and satisfying product that is more closely aligned with consumer needs.」

大学は企業に学べ

ただそれ以上に重要なことは、製品や製造方法などについて常に実験を繰り返し、消費者ニーズによりマッチした効率的で満足度の高い製品を実現するために、その実験結果をきちんと評価し続けている企業の伝統・流儀だ。

「Unfortunately in education, the same process rarely occurs, as I point out in the book. Simply ask yourself how much major products used every day like television sets, computers, and automobiles have changed and improved over the last fifty or seventy years. And then ask yourself how different is college teaching from what it used to be fifty or seventy years ago. You'll immediately see a dramatic difference.」

この50年間、70年間の製品(自動車、テレビ、コンピュータ)の進歩は計り知れないのに、残念ながら大学の進歩たるや微々たるものだ。

それは教授や大学関係者の怠慢以外の何者でもないと、Derekは喝破する。

「They are not testing rigorously to see which new initiatives work better than others, discarding the ones that don't do so well and encouraging the wider use of those innovations that do seem to be effective.」

「In any human activity, if you are not continuously engaged in some process of enlightened trial and error to try to improve what you're doing, you're not going to make much progress. So I think universities have much to learn from businesses in that respect.」

どんな人間の活動においても、もしあなたが、今自分がやっていることを改善しようと、懸命な試行錯誤のプロセスに継続的に関わっていないならば、進歩は止まってしまう(まるで、トヨタの張社長の話を聞いているみたいだ!)。そういう意味で大学はビジネスから多くを学ばなければならない。

大学教育の可能性

そしてこのあと、話題は、企業と大学の関係について、大学が果たすべき役割、テクノロジーの意味といった話題が続いていく。

面白かったフレーズのみ抜き出してみよう。

「Everything we know about learning says that if you treat students as a passive audience and deliver highly polished lectures to them, the students will not learn as much as they will when they have to work through the material themselves. That requires interactivity with teachers and that's expensive and drives up your variable costs. As a result, a high-quality Internet program probably isn't any cheaper than teaching students on campus. So naturally if you're selling education to an unsophisticated audience to make a profit, you'll go for the less effective but very slick, well-marketed lecture method, and students will suffer.」

MITオープンコースウェアの議論とも重なるが、やはり教育はインタラクティビティがカギだという見方である。学生を「passive audience」(受身の聴衆)として扱ってはダメだ。そしてだからこそ、オンライン教育をきちんとしようとすると教員コストがアップして、簡単にコストダウンができない。営利目的で「unsophisticated audience」に対して教育を打って金儲けをしようとすると、勢い、洗練されたマーケティングで覆い隠した、効果があまり期待できない教育に向かうことになり、学生が苦しむことになる。

そしてテクノロジーの可能性という議論になったとき、Derekは、ミッドキャリアーにおける教育、という成長市場に言及した。

「On the other hand, you have a tremendous growing market for education in mid-career. The greatest single change in higher education in the last thirty years is this burgeoning appetite for education, even among people doing the most important work in society, who feel at strategic moments in their career that they need a further dose of education. The problem is that it can be very difficult for these people in mid-career to spend a lot of time to come to a place such as Cambridge. It's expensive and takes too much time away from their jobs, where they are much needed. Technology offers a way of overcoming this problem by reaching people at their place of work at a time when they want education. The new technology allows us to provide that education in a much more effective way.」

高等教育市場の過去30年間唯一最大の変化は、教育欲の急成長。特に、自らのキャリアにおいて戦略的な瞬間だと感じる時期に、社会で重要な仕事をしている人々が、教育を受けたいと考えるようになったことだ。

高校を出てすぐ入る大学では徹底的な教員とのインタラクティビティ追及を、そして特にミッドキャリアー教育にこそテクノロジー活用を考えるべきというのがDerek Bok氏の発想なのである。

ここのところ、MITオープンコースウェアも含めて、アメリカの大学の話題が多くなってしまったが、「知の時代」21世紀に大学が果たすべき役割の重大さを考えるに、また日本の大学の古い体質を考えるに、米国トップクラスの大学が今どんな問題意識を持っているかということは、定期的にウォッチしていく重要なテーマではないかと思う。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー