お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

HPの復活をやりとげたフィオリーナ

2003/08/20 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

HPの最新動向がForbes誌の長文記事「We did it(我々はやり遂げたのだ)」にまとまった。

「Carleton S. Fiorina should take a little time out to celebrate.」

冒頭から、かなり褒めている。

「One year into the $19 billion purchase of Compaq Computer, she has cut $3.5 billion in annual costs--a billion dollars more and a year earlier than promised. And despite erasing 17,000 jobs since the merger, HP (nyse: HPQ - news - people ) has gained market share in key categories, scored 3,000 new patents and debuted 367 new products. It just won a ten-year, $3 billion outsourcing deal with Procter & Gamble.」

コスト削減を前倒しでやり抜き、1万7000人の削減をしたのに大切な分野での市場シェアを高め、新製品もたくさん投入し、象徴的な大型商談もまとめた。

「But Carly Fiorina sees no time to party. Steel in her eyes, she speaks of more conflict to come, of a great tech reckoning that will unleash cataclysmic consolidation in a Slow New World.」

でもフィオリーナはパーティをしない。低成長時代に差し掛かったIT産業に「cataclysmic consolidation」(大激変を引き起こす業界再編)が起こると見ているからだ。

「The technology sector will have to ax tens of thousands more jobs, some tech stocks will lose billions more in value and dozens of companies will disappear, go bankrupt or be swallowed by the few survivors.」

ITセクターではさらに何万もの雇用が失われ、数十億ドル単位の企業価値の消失があり、数十の企業が消え去り、サバイブするのはほんの一握りの企業であるはずだ。

彼女はインタビューの中で、

「They're thinking back to the 1990s, when pure plays won. Sun, the pure Unix play. Dell, the pure PC play. It isn't that kind of market anymore. All the pure-play guys are trying to be something else. Dell wants to be in printers and networking, Sun wants to be in Linux, maybe storage. The power is in the portfolio right now.」

専業企業(pure play)の時代は終わって、総合ベンダーが持つ事業ポートフォリオこそパワーの源泉となると語っている。

そして、これからはIBMとの一騎打ちだと見ている。

「Fiorina insists HP can dominate this new environment of diminished expectations. The main challenge will be facing down one other giant. "If you're talking about global, full-line suppliers," she says, "it's us and IBM (nyse: IBM - news - people )." She adds: "We're chipping away at them. We can beat them."」

もうグローバルにフルラインのコンピュータシステムを供給できるのは、IBMとHPの2社だけになったのだから。

そしてフィオリーナの大企業顧客へのピッチは、

「This is HP's pitch to corporate America: You have to consolidate and you have to cut, and we can help you do it because we have done it to ourselves. HP has slashed billions in costs by overhauling its data processing operations and its supply chain. Now it's portraying itself as The Greatest Case Study Ever Told. In merging its systems with Compaq's, HP erected a single communications network linking more than a quarter of a million PCs and handhelds; it handles 26 million e-mails a day. HP also cut the number of software applications it uses from 7,000 to 5,000, and of components it buys from 250,000 to 25,000.」

我々がやり遂げたこと(徹底的なリストラと合理性追求)を、皆さんの会社でもできるようにしてあげます。何しろ私たちはやり遂げたのですから。ちなみに、だからこの記事のタイトルは、「We did it.」となっているのである。

こういうピッチで、1社1社、IBMの牙城を切り崩していこうとしているわけだ。

HPのAfter acquisition managementに興味のある方は、本連載5月22日の「HP・コンパック統合に見る、大胆なリーダシップの重要性」も合わせてお読みください。

IT業界のM&A予想

さて、この記事には、付録のような形で、「If Carly Is on the Money」という、IT業界でのM&A予想が出ている。

(1) ハードウェア世界のconsolidationとしては、DellがストレージのEMCを買収し、SunがAppleと合併する。これは確率が低い。

(2) ソフトウェア世界のconsolidationとしては、HPが「BEA Systems and/or Tibco Software」を買収する。マイクロソフトかオラクルがサイベースを買収する。SAPがオラクルと合併する。これはハードに比べて確率が高く、Medium to High。

(3) サービス世界のconsolidation、つまり、アクセンチュアがEDSかCSCと合併する、というのがもっとも起こりうるのではないか。

さて、現実にどう推移していくかどうかは別として、最近はこの手の話題が多くなってきた。今まさに、IT産業のフェーズが移り変わりつつあり、産業の古くなった部分に業界再編の波が押し寄せようとしているのである。

明日は別の雑誌がもう少し包括的に「これから起こるかもしれない業界再編」について予想している記事をご紹介しようと思う。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー