お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Appleの参入をきっかけに盛り上がるオンラインミュージック

2003/07/29 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

ナップスターがクリスマスに戻ってくる。

昨日テレビを見ていたら、BuyMusic.comが「1曲79セント」と大々的に宣伝していたが、AppleのiTunesサービスをきっかけに、Online Music世界も大きく動き始めたと言っていいのだろう。iTunesがMac用にしかサービスを始めていない間に、Windows向けの同様のサービスがどんどん登場するようである。

7月28日の「Napster re-launch due by Christmas」(サンノゼマーキュリーニュース)によれば、ブランドを含めナップスターの資産を昨秋500万ドルで買収したRoxioが、クリスマスまでにナップスターブランドの有償サービスを開始するようである。

「Napster, the renegade file-swapping service that birthed the online music revolution, expects to re-launch before Christmas as a paid service offering a mixture of downloadable songs, original programming and the largest legal catalog of music on the Internet.」

「However, key issues -- such as the launch date, pricing and details of the how individually purchased songs can be used -- remain unanswered.」

ただ、具体的にどんなサービスになるかはまだ明らかにされていない。

普通の音楽配信に生まれ変わったナップスター

「Like Apple's successful offering, Napster 2.0 would allow consumers greater freedom to transfer the songs they've purchased to portable devices and burn custom compilations to compact disc, Gorog said.」

最低限、ユーザにiTunes同様の自由は許される。ただ、2000年のときのナップスター登場の衝撃とは全く違い、

「This time around, Napster joins an increasingly crowded field, with Apple Computer's iTunes Music Store, Buy.com's buymusic.com and other announced and to-be-announced pay-for-play online music services.」

混雑した「pay-for-play online music services」市場への再参入である。

MacDailyNews「Analyst: Napster 2.0 must match iTunes Music Store usage rules or risk damaging brand」によれば、

「Unlike its predecessor, Napster 2.0 will have the blessing of the five major record companies and many independent labels.」

「"Napster 2.0 will debut with a selection of about 500,000 tracks. The current song volume leaders, pressplay and BuyMusic.com, which opened for business last week, each say they currently offer more than 300,000 songs," reports The Associated Press.」

とあり、ナップスターブランドを頼みに、ごく普通の競争を先行サービス業者に仕掛けていくようである。

ドットコムの勢いを取り戻す音楽配信業界

同じく7月28日のニューヨークタイムズ「More Online Music Stores Expected」は、

「THE dot-com frenzy has returned at least in one category.」

Online Musicという一つのカテゴリーに限っては、ドットコムの狂乱が戻ってきたと、冒頭で書く。

この記事では、BuyMusic.comを、最初のWindows向けの1曲単位での音楽販売サービス「BuyMusic.com is the first Windows-based service to enable customers to buy songs a la carte - a la Apple.」と称し、BuyMusic.comの創業者、Scott Blum(39歳)に焦点を当てている。

Scottは、Buy.comを創業し、その株をドットコムバブル狂乱時代に正しく売り抜いて資産を築き、Buy.com株が暴落した後に会社ごと$23milで買収して非公開化した男である。当時のCNET記事Wired記事もあわせてご参照。

「The founder is Scott Blum, one of a handful of dot-com entrepreneurs who got out of the market with his shirt still on his back. He earned $125 million or so from Buy.com stock before those shares, and the market that lifted them, lost nearly all their value. Mr. Blum bought back the company for about $23 million in late 2001. He took it private and, he says, has nursed it to profitability through its sales of electronics, books and other items.」

このBuyMusic.comもBlumが100%資金を出してスタートしたようである。

Buy.com創業がアマゾンらよりも一歩遅れた結果、結局追いつけなかったという後悔がScottの心を支配しているようで、今回は競争者よりも最低でも3カ月早く走り出す、と語っている。だから「the first Windows-based service to enable customers to buy songs a la carte」を標榜し、大々的なテレビ広告も打って勝負に出ているのだろう。

サンノゼマーキュリーの記事はナップスターが戻ってくるという単なる速報記事であるが、ニューヨークタイムズはナップスターのことに絡めて、このScott Blumにもきちんと取材した上で、online music全体についた書かれたニューヨークタイムズらしい記事である。

Online Musicに興味のある方は、ぜひ、この記事の原文に当たることをお薦めしたい。

いつ、そして、誰が?

そして、AppleのiTunesについてのFast Company誌の新着記事「Digital Squared: Living in an iTunes World」の最後のこの文章が、今のOnline Music世界をうまく総括していると思うので、引用して終わることにしよう。

「And that's the difference between living in a Napster world and living in an iTunes world. Once content providers see that the digital acquisition - digital products world is just another revenue stream, then all of the forces necessary to create a megamarket will be in place. Everyone knows that 10 years from now, digital-digital will be a huge business. The only questions now are how quickly we can get from here to there and, more important, who gets there first.」

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー